飲食店買取りJP

リース店舗とは?

「リース店舗とは?」に関する用語説明のページです。

設備や機材のメンテナンスの負担が無く、新しい買い手が見つかりやすいリース店舗

リース店舗とは、店舗の内装や造作がすでに用意されており、飲食店の営業に必要な各種設備や厨房機器なども整備された店舗で、リース料金を毎月支払うことで利用できる店舗のことです。
造作や設備があらかじめ備わっているという点において、居抜き店舗の一つと考えられます。

飲食店を開業するにあたっては、物件の賃貸借契約に関する賃料や敷金、保証金、礼金などの費用や、排気・排水システムの整備費用、床や天井、壁などの造作費用、テーブルや椅子などの什器費用、そして厨房設備のための費用など、実にさまざまな費用が必要となります。
その点、リース店舗を利用することで、店舗内の整備に必要な各種費用が必要なくなりますので、イニシャルコストを効果的に削減することができます。

リース店舗の特徴としては、造作や什器、各種設備の所有者がリース会社にあるということです。店舗物件は物件のオーナである賃貸人との賃貸借契約の締結ですが、設備に関してはリース会社とのリース契約や業務委託契約となります。
設備の所有権が賃借人にありませんので、勝手に設備を交換したり売却したりすることはできなくなりますが、故障した場合にリース会社の責任において修理してもらえたり、定期的なメンテナンスを行ってもらえるというメリットがあります。

スケルトン店舗の良さは、自分の思い通りの店舗を作り上げるところにありますが、一方ですべての設備や機材のメンテナンスや交換の費用を負担しなければなりません。
リース店舗を利用する際にはそういった費用負担はありませんし、いざ閉店することになった際にも、新しい借り手が見つかりやすいというメリットもあります。

用語集一覧に戻る

用語集

ネット非公開
ご希望の方はコチラ