飲食店買取りJP

ビルイン型店舗とは?

「ビルイン型店舗とは?」に関する用語説明のページです。

ビルイン型店舗とは、その名の通り商業施設や駅などのビルに入居している店舗のことです。自分の店舗だけが単独で出店している店舗と区別して、このように呼ばれます。

ピングセンターやアウトレットモールなどに入居している飲食店の場合、買い物に来たお客様がそのまま食事をするケースが非常に多いため、常に満席を保っている店舗も多く見受けられます。また、店舗が自分自身で宣伝を行わなくても、商業施設自体の知名度が高ければ、自分の飲食店へ自然と客の流れが寄ってくるのです。

このメリットの反面、ビルイン型店舗は毎月の賃料が高額に設定されているケースがほとんどです。特に人気のショッピングセンターに入居しようと思った場合、かなり高額の家賃を支払わなければならず、もし経営が軌道に乗らない場合はすぐに退去をしなければならないといった事態に陥りかねません。

ビルイン型店舗の場合は、基本的にはビルの担当者が各店舗との窓口になっています。ですので、もし退去を希望する場合にはその担当者との交渉が必要となります。退去時にかかってしまうのが、原状回復工事費用です。しかしビルイン型店舗となると、原状回復工事費用も同じように高額になりがちです。そこで、居抜きという形での退去を選択できないかを、ビルの担当者と相談することが推奨されます。もし居抜きで退去出来る場合は、内装をそのままにしておけるため、原状回復工事費用がほとんどかからなくて済むのです。

また、ビルのオーナー側が、自ビルの売却や譲渡を行ない、買取り側が新しいオーナーとなる場合もあります。その際は、ビルの運営方針が変更となる可能性が高いので、注意が必要です。

用語集一覧に戻る

用語集

ネット非公開
ご希望の方はコチラ