飲食店買取りJP

間口とは?

「間口とは?」に関する用語説明のページです。

間口とは、飲食店店舗の入居している複合ビルなどの建物において、建物のメインとなる方向から見た場合の、建物の幅のことです。
一般的には通りに面している部分の店舗の長さのことで、間口の大小によって店舗の運営には少なからず影響があるとされています。

その理由の一つが、間口部分はいわゆるその店舗の顔となる部分であるからです。
顔が大きければ大きいほど視認性が高まりますし、それだけ通行人にアピールすることができるようになります。
壁面を利用した壁面看板を使用する際には、間口が大きければそれだけ広い面積の看板を設置することができます。
複合ビルに設置される壁面看板には、店舗の所在階数をアピールする働きもありますので、間口の大きな店舗の方が、一つの看板設備だけでもより効果的な宣伝力を有することになります。

また、間口部分にガラスを多用した店舗がよく見られますが、これは外から店舗の内部を見ることによって、実際に食事を楽しんでいるお客さまが新たなお客さまの呼び水になることと、より店舗に入りやすくするための心理的効果にもなっています。
このように、間口が大きいことによって店舗運営にあたっての色々な戦略を行うことができます。

さらに、間口の大きな店舗であれば、いざ閉店して売却するとなった時でも、より良い条件で売却ができる可能性が高くなります。
店舗内の造作や厨房設備、什器などが多く残された売却物件であれば、よりイニシャルコストを抑えることができますので、さらに人気が高まります。

用語集一覧に戻る

用語集

ネット非公開
ご希望の方はコチラ