飲食店買取りJP

預かり金とは?

「預かり金とは?」に関する用語説明のページです。

飲食店を開業するための店舗候補となる物件を探していて気になる物件が見つかった際に、すぐには決められないけれども他の賃貸借契約が入らないようにその物件をキープしたい時、申し込み金として不動産業者に一時的に支払うお金が預かり金です。
預かり金を払っておくことで、その他の物件を探すことができますし、預かり金を支払って複数の物件をキープすることで、それらの中からもっとも適した物件に絞ることもできます。

預かり金は、およそ賃料の1ヶ月分が相場とされています。
不動産契約を締結する前に支払うお金として、閉店などで売却される居抜き物件などの売買契約を証するための手付金がありますが、手付金は物件の契約に必要な費用に充当されるのに対し、預かり金は必ず返還されます。
また、預かり金を支払ったからといって、必ずしもその物件の賃貸借契約を締結することが確約されるというわけでもありません。

申し込み金などの預かり金のやり取りを行う際には、必ず書面をかわしておくことが大切です。
書目においては、金銭のやり取りの目的が預かり金であることを明記し、預かり金の金額とそれが必ず返還されること、返還期日、そして担当者の氏名と押印などをすべてそろえておいてください。
都心部などにおいては、預かり金の返還にまつわるトラブルが増加していますので、口約束でのやり取りではなく、正式な金銭貸与の書面としておくことが何よりも大切です。
もちろん、宅地建物取引業法においても預かり金の返還を拒否することは無効とされています。

用語集一覧に戻る

用語集

ネット非公開
ご希望の方はコチラ