飲食店買取りJP

造作譲渡金とは?

「造作譲渡金とは?」に関する用語説明のページです。

造作譲渡金とは、物件そのもの(箱)以外の壁・床・天井や椅子・テーブル・厨房設備、その他ダクトやグリース・トラップなどの設備一式(建物の躯体以外)の売却金額を指します。また、このような形で売買される物件を居抜き物件と呼びます。

閉店・退店をお考えのオーナーさまにとって一番悩ましいのが、原状回復工事(スケルトン戻し)費用です。
居抜きで物件を売却することができれば、原状回復工事(スケルトン戻し)費用がかからないどころか、造作設備譲渡金として、閉店費用をプラスにすることもできます。

造作設備譲渡金の金額設定に関しては、まず居抜き物件売却の専門の業者に見積りをとることをオススメします。
造作設備譲渡金を決めるための明確な基準はありません。しかし、オープンして間もない店舗や、使用できる機器が多い店舗のほうが、造作設備譲渡金は高くなる傾向にあります。

また、内装や設備のほかに物件の立地条件の良さや賃貸条件といった要素も金額を大きく左右します。専門の知識をもった業者に依頼することで、適正金額を設定し、スムーズな売却につなげましょう。

居抜きで売却する場合の注意点としては、どれだけの設備が残るのか、故障品・リース品等の有無など、事前に明確にしておくことが重要です。

話を進めていった段階で故障品・リース品の有無が発覚したり、引き渡しの際に残ると思っていた物が残っていなかったり、後々トラブルが発生する場合もあります。
ですから、専門の知識のある業者に依頼し、必ず買取り希望者との間で動産売買契約を結びましょう。

用語集一覧に戻る

用語集

ネット非公開
ご希望の方はコチラ