飲食店買取りJP

飲食業界で転職を成功させるための5つのポイント!

飲食業界で転職を成功させるための5つのポイント!

飲食店は比較的新規参入がしやすく、新しい飲食店が続々オープンしています。一方、その継続は難しく、開業3年以内で約70%の店舗が閉店しているというデータもあるほどです。 そこで、様々な理由からこれまで経営していた店舗の撤退を余儀なくされ転職を考えている方に、知っておいていただきたい転職成功のためのポイントをご紹介します。

1. まずは自己分析をしましょう!

転職を考えるとき、まず必要なのは自分を知ること=自己分析です。 例えば、

  • 1. これまでどんな思いで店舗を経営してきたか
  • 2. 長所や得意なこと、他人に誇れること
  • 3. 短所や不得意なこと、直していきたいこと
  • 4. 店舗を閉店することになった経緯
  • 5. 転職後はどんな仕事をして将来的にどうなりたいのか
  • 6. 人生においてどんな優先順位をつけているのか

といったことを頭の中だけでなく、メモにして整理してみるとよいでしょう。 ここでしっかり自分自身を見つめ直すことで、履歴書の文面や面接の受け答えでもきちんと筋の通った、説得力のあるアピールができるようになります。

2. 応募先の情報収集をしましょう!

飲食業界専門の求人サイトには常に多くの求人がありますので、こうしたサイトを利用するのが良いでしょう。

ご存知の通り、飲食業界の人材は入れ替わりが激しく、常に優秀な人材が求められています。飲食業界専門の求人サイトには常に多くの求人がありますので、こうしたサイトを利用するのが良いでしょう。 ここで大切なポイントは、応募先の求めるものと、自己分析をおこなって見えてきた自分の考えが一致していることです。

自分は応募先で必要とされている人材か、また、自分の思い描く仕事ができそうな場所か、しっかり見極めましょう。

そして、候補の店舗が決まったら、実際にお客さんとして店舗に出向いてみましょう。店舗の印象などを実感できるので将来像が見えやすくなりますし、面接でも感想を織り交ぜて話をすることができ、好印象につながります。

3. 履歴書は丁寧に、心をこめて!

応募先が決まったら、次は履歴書、職務経歴書の準備です。自己PRや志望動機はとくに重要なポイントになります。自己分析のメモと応募先の求める人材像を照らし合わせ、一貫性のあるストーリーにすることが大切です。

時間をかけ、しっかり履歴書を書き込むことは、面接の対策にもなります。筋の通ったぶれない主張をするための下地作りだと思って入念に準備しましょう。

履歴書を丁寧に仕上げることであなたの誠実な人柄や仕事への情熱を伝えることができるはずです。

4. 面接は第一印象が大切!

面接は第一印象が大切!

いよいよ面接です。ご自身が経営者としてアルバイトの採用を行ったことがある方はよくおわかりだと思いますが、面接の評価は第一印象で大きく左右されます。飲食店はサービス業の代表格ですから、清潔感があり、元気でハツラツとした印象を持ってもらえるよう、身だしなみや声のトーン、表情に気をつけましょう。また、服装はスーツで行くのが無難です。スーツであればどんな相手にも誠実な印象を与えられます。

そして元経営者の方の転職面接では、謙虚さを忘れないことが最も重要です。経営者としての実績を話すときについ傲慢な口調になってしまったり、店舗を閉店する理由を他人のせいにしたり。自慢や悪口にあたるものは絶対NGです。

応募先の店舗の印象を話すときも上から目線の意見にならないように注意し、一緒に店舗をつくっていきたいという気持ちを、熱意をもって伝えましょう。

5. 飲食業界の資格を取得して有利に!

転職の目的によっては、資格を取ることを考えてみてもよいでしょう。 ソムリエ、きき酒師、ふぐ調理師といった専門性のある資格や、フードコーディネーター、レストランサービス技能士といった食に関する総合的な資格まで飲食業界には多くの資格があります。

こうした資格を取ることで仕事の幅が広がり転職が有利になるのはもちろん、将来的にまた自分で店舗を、と考えている方にもプラスになります。

いかがでしたか?

店舗の閉店という勇気ある決断をしたからには、こうしたポイントをおさえて転職を成功させて、新たな夢に向かって前向きに進んでいきましょう!

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ