飲食店買取りJP

居抜きで店舗を閉店売却する方法。

居抜きで店舗を閉店売却する方法。

今日は飲食店買取りJPを利用して、具体的に店舗を辞める方法、店舗の居抜き物件を売却する方法をお伝え致します。

一般的に閉店する場合には、解約までの空家賃や内外装や設備の解体費用(現状回復費)など、思った以上に多くの費用と時間を必要とします。

ですので、店舗って始めるのにも力が入りますが、辞めるのにもかなりの力が必要なのです。

昔から居抜きという言葉はありましたが、この閉店方法が一般的になってきたのはまだまだここ3・4年。
友人や知人に店舗を譲渡したりなど、インターネットを通してではなく、ひとづてで情報を得るしか方法がありませんでした。

実際5年ほどの前の不動産業界は、契約書に明記してあるからと、オープンして1年も満たないまだまだ使える造作の譲渡を許して貰えることも少なく、スケルトン戻しをひっくり返すため、我々はあらゆる手段を試行錯誤してきました。

造作譲渡を可能とするため、インターネットを利用した居抜き物件サイトを構築し、幅広い買取り希望者を募り公開募集する方法と、大手外食企業との太いパイプを構築しマンパワーで紹介する方法など、現在の手法に至りました。

飲食店買取りJPでは、閉店希望者と新規買取り希望者のニーズのマッチングをより高効率に行なうため、居抜き店舗を再利用して、出店したい方に店舗の設備や造作をそのまま売却します。

そうすることにより、店舗を開業される方はスピーディーな出店、店舗を閉店される方は、撤退費用の軽減を実現できます。

私達は業界のパイオニアとして、出店運営閉店に関するあらゆるノウハウを持っていますので飲食店買取りJPに安心してご相談いただければと思います。

閉店移転費用を削減されたい方はまず0120-192-972までご相談下さい。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ