飲食店買取りJP

店舗をはじめて3ヶ月で資金難。

店舗をはじめて3ヶ月で資金難。

資金難。

資金まわりが良くない様子を表わす言葉です。

どんな事業でもお金が回らなくなれば倒産・廃業します。
昨今の飲食業界では、2年以内で約半数の飲食店が閉店に追い込まれてしまう統計が出ており、日本政策金融公庫のデータによると、約6割の飲食店がオープンした店舗を軌道に乗せるのに、半年以上はかかるともいわれております。
赤字でもお金が回れば続けられますが、収入より支払いが多くなり、支払いが追いつかない状態になると会社は回らなくなり会社であれば倒産・廃業、店舗を閉店しなければならなくなってしまいます。

想定したメニューと客単価と来客数で、利益があがる店舗かどうか? その状態にするまで続けられる店舗かどうか? スタートダッシュ型か?じっくり試行錯誤型か?
店舗をはじめる上で事業計画を立てることはとても大切です。その理由はここにあります。

シミュレーションの段階で利益が出ていることは大前提ですが
以下2点を特に注意して確認します。

  • 1,無理がない計画であること
  • 2,運転資金を確保しているかということ

例えば運転資金(ランニング費用)を100万円用意してスタートした店舗の場合、 毎月10万円の赤字を出しても、10ヶ月間耐えられます。
その間に店舗の改革を試行錯誤(例えば、メニュー変更や、販促品の増加、価格変更など)し、評判の良い店舗を作り、経営が黒字転換出来れば 店舗は軌道に乗り、何年も運営を続けることができるようになるでしょう。

しかし、資金力がなくギリギリの運転資金で飲食店をで始めた方は、 スタートダッシュでこけると立ち上がることができません。
再起不能を防ぐためにも、やはり飲食店を開業するのであれば、安全だと言われる資金=運転資金の半年分(開店後半年程度の赤字を補填できる程度)は用意が必要だと考えられます。自己資金でどうしてもまかなえない方は、国からの融資や助成金の制度もあるため、仕組みを理解した上で計画的な段取りを取る事をおススメします。

これまで、運転資金の大切さについてお伝えしましたが、失敗しても怖くない、無理のない計画をたてることが重要となります。

もし、あなたが店舗を3ヶ月で失敗してしまっても 出来る限り損をすること無く、再スタートできる道が飲食店買取りJPにはありますので、一度ご相談下さい。

  • ・収益の見通しがつかない。
  • ・お客様がこない。
  • ・忙しいのに利益が出ない。

このような状況の方は、早めに問題を対処したほうがよいです。 傷口が大きくなって取り返しがつかなくなる前にぜひご相談下さい。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ