飲食店買取りJP

居抜き売却事例

やってはいけない危険な条件変更…インド料理店居抜き売却事例!(東京都/台東区台東)

      
  • インド料理
  • -

御徒町駅

やってはいけない危険な条件変更…インド料理店居抜き売却事例!(東京都/台東区台東) 結果リボンイメージ

概要データ

売却時の居抜き業態 インド料理 店舗所在地 東京都台東区台東
売却希望額 200万円 営業年数 9年
解約告知 あり

下町人気で注目の御徒町

歴史も古く、アメ横もある下町御徒町。年中人通りも多く、オフィスも多数!観光客も多いので、土日も需要のある人気の町です。

そんな御徒町の駅から徒歩5分の地下1階でインド料理屋を運営するオーナー様から売却のご相談を受けました。

立地◎ 家賃◎ 営業10年弱の重飲食店舗

物件の立地としては、表通りから一本入った裏手。しかし人通りもあり、物件的には悪くありません。また、なんといっても家賃が安い!築年数が古いのもありますが、家主さまが飲食店に理解のある方で、長く続けてほしいとのことで破格の坪6千円!相場の半分の家賃です。

しかしながら、10年弱重飲食を続けてきた物件ですので、内装はかなり傷んでいます。清掃もそこそこだったので、油汚れやスパイスの臭いが染み付いています。

家賃や立地は魅力的ですが、ご依頼を受けたのが閉店1週間前。なるべく早い売却・譲渡をご希望でした。

300万円という高額での申し込み!!

造作金額は300万円。
内装の、またインド料理店独特の厨房機器もあるため、早めの 売却をするにはなかなか厳しい金額でした。

しかしその他の条件が良かったため内見はかなり入りました。その中のうち、2組の方から、口頭で申し込みをしたいとご連絡をいただきました。
条件は満額の300万円。こちらの方で進めようとしたところ……

条件変更の難しさ

オーナーさまの知人の方が350万円で検討しているので、他の方も350万円に条件を変えてほしいとご連絡が。

募集後の条件変更で1番危険なのが値上げ

お客様に不信感を持たれてしまうことが多くあります。
それをお伝えした上でオーナーさまにもご相談しましたが、やはり条件が上がってしまいました。

この結果、先の2組は申し込みを断念。お知り合いの方1組に絞られました。

契約するまでは油断大敵!

2週間後、オーナーさまからご連絡が入りました。知人の方が、政策金融公庫からの融資が下りなかったので契約を断念したとのことでした。

当然だからといって前の申し込み者がいるわけではありません。また、物件募集の段階で家主さまに解約を出してしまい、解約まで3週間と迫っていました。
スケルトン戻し(原状回復)の期間を考えると、1週間しかありませんでした。

確信が持てない段階で動くのは危険!

本件では、途中で条件を上げてしまったことが一番の失敗です。
募集を開始する場合、あくまで交渉ありきの金額(手残り希望金額に少し上乗せした金額)で募集をかけ、交渉が入った段階でそれに応じて金額を下げていく方法が一般的です。

また、融資が下りるのが決まってから解約告知を出す方がスケルトン戻し(原状回復)のリスクを下げることが出来ます。

契約の捺印をするまでは、例えどんないいお話でも100%とはなりません。無理の無いように保険をかけておくのも時には大事かもしれません。

こちらの記事も読まれています

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ