飲食店買取りJP

リースとレンタルの違いを知ろう!飲食店にとって良いのはどちら?

「リースとレンタルの違いを知ろう!飲食店にとって良いのはどちら?」飲食店高額売却のヒケツページです。
リースとレンタルの違いを知ろう!飲食店にとって良いのはどちら?イメージ

【目次】

1.リースとレンタルの違いは?

2.リースとレンタルの違いを比較

3.リースとレンタルの違いから学ぶ!飲食店はどっちがお得?

4.まとめ|リースとレンタルの違いから利用を考えよう

飲食店の開業や運営をするのに欠かせない設備や道具、揃えるのは大変ですよね。
すべて購入すると、膨大な金額がかかってしまうため、リースやレンタルを検討する人も多いでしょう。

設備のコストを抑えるために利用したいリースやレンタルですが、なにが違うのかご存知ですか?
それぞれの特徴を知らずに契約してしまうと、ムダなコストが発生する可能性があるので要注意!
今回は、飲食店の経営で知って欲しいリースとレンタルの違いについて、詳しく紹介します。

リースとレンタルの違いは?

飲食店の多くは、経営に必要な設備や道具のリースやレンタルを活用しています。
2つのサービスはどちらも「借りる」という意味は同じですが、契約内容や料金などに大きな違いがあります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

リースとは

リースとは、飲食店経営で必要な設備や道具を、リース会社に代理購入してもらうことです。

例えば、飲食店に欠かせない業務用冷蔵庫やガスコンロなどといった設備。
すべて購入する場合、100万円以上の出費となり、多額の初期費用を用意しなくてはいけません。

リース会社が用意した中から利用したい設備道具を選ぶのではなく、飲食店側が欲しいメーカーや種類などをリースしてもらうため、レンタルと違って幅広い道具を借りられます。

また、リース契約後に同じ設備道具を使いたい時は、今までのリース料金よりも安い費用でリースできる「再リース」や、リースした設備道具の「買取」ができます。

 メリット ・リース契約期間が長い(平均5年)
・レンタルよりリース料金の方が安い
・新品や最新設備をリースできる
・銀行の融資をせずにリースできる(所有権はリース会社)
・リースは固定資産に含まれない
 デメリット ・リース契約するには審査が必要
・原則、中途解約はできない
・メンテナンス費用の負担は飲食店側
・リース会社によって厳しい買取条件がある

レンタルとは

レンタルとは、レンタル会社が保有する飲食店向けの設備道具の中から選んで、月々一定額の費用を支払って借りることです。
ビデオレンタルショップやレンタカーと同じ仕組みで、飲食店で使う道具は月々お金を支払っても自分の物になりません。
その代わり、保有者はレンタル会社なので、トラブル時の対応や費用負担がないのが特徴的です。

レンタルはリースと違い中途解約はいつでもできますが、契約期間が終わると利用していた設備道具の返却が必要です。

 メリット ・レンタル期間が短期から可能(最短1日など)
・中途解約はいつでも可能
・設備道具の故障は基本的に無料交換
 デメリット ・レンタル会社によって保有物が違う
・レンタル品は基本的に中古
・中長期のレンタルはリースより料金が高い
・リース料金は経費処理が必要

リースとレンタルの違いを比較

リースとレンタルはどちらも物を借りる方法ですが、設備道具の所有権や保守・修理の負担者、会計処理などで大きな違いがあります。

それぞれの違いをわかりやすく解説するため、比較表にまとめました。

 リース レンタル
 設備道具の所有権  リース会社  レンタル会社
 設備道具の種類 多い ※飲食店側が希望する物 少ない ※レンタル会社側が定める物
 設備道具の状態  新品または中古  中古が多い
 契約期間  平均5年  最短1日から
 料金  物件価格×リース料率  一定料金
 中途解約  不可(原則)  可能
 トラブル対応  飲食店側  レンタル会社
 会計処理  資産計上  経費処理
 契約期間終了後  再リースまたは買取  返却(原則)

リースは原則、中途解約できないため、飲食店で必ず必要な物を借りる必要があります。
2つのサービスは契約上、大きな違いがあるのでよく考えて利用しましょう。

リースとレンタルの違いから学ぶ!飲食店はどっちがお得?

リースとレンタルの大きな違いは、借りられる設備道具の種類やメンテナンス時の対応です。

リースは、好みのメーカーの選択や新品の設備道具、最新仕様モデルの利用が可能です。
一方、レンタルは最短1日からとお試し感覚で設備道具を利用できるので、本当に活躍するか判断する時に便利なサービスです。

2つの特徴を踏まえて、飲食店にとってお得なのは状況によって違います。
どちらで契約するべきか悩んだ時は、次の表を参考にしてください。

 リース ・開業に伴い設備導入の資金が不足している
・たくさんの設備導入が必要
・中長期でさまざまな設備道具を利用したい
 レンタル ・設備道具の購入を検討している
・万が一のトラブルによる負担が心配
・中古品の設備道具でも問題ない

まとめ|リースとレンタルの違いから利用を考えよう

リースとレンタルは、借りられる設備の種類や状態など大きな違いがあります。
どちらも飲食店にとって費用を抑えて道具を揃えられるので、メリットは大きいでしょう。

ただし、利用する期間や保守・修繕時の対応などでサービスのメリット・デメリットが違うため、飲食店にとって最適な方を選ぶ必要があります。

それぞれの特徴をよく知って上手に使い分けることで、利益率アップにもつながるでしょう。

専任アドバイザーがサポート

無料査定・売却のご相談はこちら

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

03-5457-1151
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ