飲食店買取りJP

店舗売却・閉店・廃業・譲渡にまつわるポイント ~売買相場~

店舗売却・閉店・廃業・譲渡にまつわるポイント ~売買相場~

「居抜き物件として店舗を売却・譲渡したい。」
「店舗を閉店する手順が知りたい。」
「事業を廃業させる前に、うまく造作を売却・譲渡したい。」

店舗の閉店を考えているオーナーさまであれば、一度は頭に浮かぶフレーズでは無いでしょうか?
こんなことをお考えの店舗オーナーさまに向けて、いくつかポイントをご紹介致します。

まず誰もが、自分の店舗はいくらで売却・譲渡できるのか?という事が知りたいと思います。
自分の店舗が、いったいどれくらいの価値があるのか。
それをざっくり把握するために相場というものを把握しましょう。

例えば、身近にあるハンバーガー店舗の場合。
ハンバーガーが一個平均250円の相場だったとすると、
1,000円で出してたらなかなか売れません。

店舗にも売買金額の相場があり、飲食店舗の居抜き物件であれば
平均売買金額帯は渋谷区の1階店舗で230万円、23区外では190万円ほどとなっています。

この相場を考慮した上で居抜き物件専門業者に相談することが大切です。

とは言うものの、先ほどざっくりとした売価金額の相場を出しましたが、
もちろん、その物件によって造作の譲渡金額は異なり、内装の新しさや立地条件によっても譲渡金額は上下します。

もし、相場よりも高い金額で募集する場合は、その理由をうまく表現できなければなかなか買取り希望者は現れないでしょう。

また、居抜き業者によっては、条件がとても良い店舗だったとしても、あなたの店舗の魅力をまったく伝えきれずに募集をかけてしまう所も多くあります。
結果、適したタイミングで十分な情報を提供できずに、原状回復(スケルトン戻し)になってしまうケースも発生してしまいます。

飲食店買取りJPでは、あなたの店舗の魅力を担当営業が詳しく分析ヒアリングして買取り希望者の方々に魅力的に紹介します!!
そのため相場よりより高く、より早く売却・譲渡することが可能です。

店舗の売却・譲渡、撤退や移転をお考えのあなた!
ぜひ飲食店買取りJPにお問い合わせ下さい!!
フリーダイヤル0120-192-972まで。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ