飲食店買取りJP

解約予告を出していて、解約まで期間が短いけどそれでも売却できるの?

物件によっては、募集開始から短期間で買取り希望者が見つかるケースもございますので、オーナーさまご自身で判断されずに、まずはご相談いただくことが最善の策といえます。

募集期間に余裕があった方が、買取り希望者が見つかる可能性もあがりますし、希望の売却金額に近い額を提示してくれる買取り希望者が現れるまで、辛抱強く募集することもできます。
しかし、ご依頼をいただくオーナーさまのなかには、解約告知済みで閉店時期が決まっていたり、すでに閉店していたりするというケースも多数あります。

すでに解約告知を出していることで、造作譲渡金の交渉をされやすくなることも考えられますが、解約告知を出したあとに募集をかけたオーナーさまで、売却成功したという事例は実際に数多くございます!

逆に決まりにくいケースとしては下記2点が挙げられます。

  • 募集時の造作譲渡金が高すぎる
  • 申し込みが入ってももっと高く売れると考えせっかくの売却のタイミングを逃してしまう。

早期売却のためには、適正な譲渡金を設定することが重要です。
適正な譲渡金の価格ポイントとして、立地・設備の状態・賃貸条件の3つを総合して設定することをオススメしています。

飲食店買取りJPでは無料査定は勿論のこと、短期間での売却実績が数多くあります。
たとえ、解約告知済でも、退去までの期間が短いからといっても、諦めたりせず、適正な価格設定のためにも、是非一度ご相談ください!

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ