飲食店買取りJP

家主さまとの交渉を仲介してもらえますか?

ぜひ、お任せください!

管理不動産屋または家主さまに対し、居抜きでの売却をどのようにして伝えればいいか?という質問を良く受けます。その場合は進め方の順序が重要になりますのでご注意下さい。

まず、居抜きで売却したいと言っても、買取り希望者がいなければ当然話になりません。この段階で管理不動産屋、または家主さまに、居抜きで売却がしたいという話をしてしまうと、居抜きでの売却相談のつもりが解約予告としてとられてしまうケースがあります。後継テナントを先方が探しはじめてしまうなど、オーナーさまが意図しない方向性に話が進んでしまうことがあります。

もし家主さまが優良な後継テナントを見つけてきた場合、オーナーさまには、家主さまから原状回復(スケルトン戻し)で物件を返して欲しいと要求してくる可能性もございます。

このようなことがないように、まずは弊社にご相談ください。
スムーズな店舗売却のためには、買取り希望者が見つかった段階で管理不動産屋、または家主さまとアポイントをとっていただき、弊社の担当スタッフ同席の上で居抜きの売却相談を致しましょう。
経験豊かな弊社の担当スタッフがオーナーさまへアドバイスをさせていただき、管理不動産屋、または家主さまとの間に立って、居抜きでの売却の意思や後継のテナントである買取り希望者を勧める交渉を致します。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ