飲食店買取りJPトップ

飲食店売却成功事例

テイクアウト店からカレー屋へ!!厳しい条件がありながらも早期売却成功!!

  • 寿司テイクアウト
  • カレー店

東陽町/14坪/50万円で売却成功

概要データ

売却時の業種 寿司テイクアウト 成約先の業種 カレー店
最寄り駅 東陽町(徒歩10分) 坪数約 14坪
階数 1階 賃料約 25万円
売却金額 50万円 成約までの期間 2ヶ月

オーナーさまが抱えられていた問題とご要望

都内で数十店舗展開している法人様。 テイクアウト業態として東陽町に出店してから5年が経過するも、社内方針によりテイクアウト業態から撤退することになりました。 そこでどうにか退店費用をかけずに退去したいと買取りJPに相談がありました。
解約まで2ヶ月、契約書面上、原状回復(スケルトン戻し)となっていることから、契約期間内に造作を売却したい。 マンションの1階にあるため、マンションの管理組合とトラブルを抱えることなく退去したい。との要望でした。

店舗の印象と特徴

東陽町から徒歩10分程度にある国道に面した1階店舗。人通りはまばらでしたが、周辺に多少のオフィスや住居があるため、やや土日の集客に期待できる立地でした。
区分所有マンションの1階でありながらも、店舗部分が独立しており、看板は大きくとれる店舗でした。内装はテイクアウト店であるため、ほとんどが厨房部分になっておりました。また厨房機器はどの業態でも困らないほど充実しており、冷凍室まで完備している店舗でした。
立地はともかく、テイクアウト店からイートインの店舗にするには多額な改装資金がかかることが想定されました。
また店舗部分が独立しているとはいえマンションの1階であることもあり、オーナーさまは夜の20時までしか営業していなかったことから、営業時間や買取り希望者の業態など管理組合との調整が必要になることが懸念されました。

募集状況と成約に至った経緯

上記の懸念がありながらも、まずは募集を開始しなければなりません。 そこで買取りJPの担当は、ポイントを2つに絞りました。
  • 1. デリバリーやテイクアウト業態で都内に展開している法人さまへの紹介
  • 2. エリアでドミナント出店されている個人さま・法人さまへの紹介

募集し1ヶ月、立地環境やテイクアウト店であることがネックとなり、問い合わせや内見が入らず苦戦しておりましたが、ようやくカレー店を2店舗運営している法人さまよりお申込みが入りました。
しかし2つ大きな問題が発生しました。マンション管理組合の意向で、以下の条件が出されました。
  • A. 営業時間は20時までにしてほしい。
  • B. 不特定多数の方が来店するイートイン店舗は避けてほしい。

時間もないことから管理組合員全員に時間を調整してもらい、一気にプレゼンをすることにしました。 Aに関しては予測しておりましたが、同じようなマンション1階にある店舗の平均営業時間の資料を作成し夜間に大きな音が出たり、店舗外で酔客が騒ぐ業態でないことを説明したことにより、買取り希望者と管理組合がギリギリ譲ることができる閉店時間を提案し折り合いがつきました。
Bに関しては店舗がマンションと独立していることもあり、イートーンで運営した際に住居部分へのリスクが少ないことや、入居後の管理規約を遵守することを細かに説明し、承諾を得ることができました。
結果、オーナーさまは解約予告期間内での売却に成功したことにより、退店費用をかけることなく閉店し他業態に専念できるようになりました。
お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナー様、
大家様もお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像