飲食店買取りJP

飲食店が閉店に追い込まれる理由とは?パターン別閉店理由と気を付けるべきことを解説

飲食店が閉店に追い込まれる理由とは?パターン別閉店理由と気を付けるべきことを解説

飲食店が閉店してしまう理由とは?

さっそく、飲食店が閉店してしまう理由について見ていきます。まずは、長年続けていたり、数年は続いていて人気もあったのに、急に閉店してしまうケースについてです。あなたの周りにも、そのような飲食店は多いのではないでしょうか。今飲食店経営がうまくいっている人も、他人事だとは思わずに読んでみてください。

店舗を移転するための前向きな閉店

閉店は、すべての場合がマイナスの理由ではありません。店舗を移転する際の閉店も考えられます。店舗移転の理由としては、現在の物件よりも立地や賃貸条件が良い場所を見つけた場合や、物件の老朽化による建て替えが行われた場合、家族の仕事の都合で引っ越しを決めたなどが考えられます。 このケースでは、お客様が離れてしまったわけではないので、急に移転すると閉店と思われてしまい、せっかくついたリピーターを手放すことにもなりかねません。移転が決まったら、早めにポスターやフライヤーなどで掲示するようにしましょう。会計の際に一言添えるようにするのも効果的です。 発生するリスクや金額が変わるのも移転閉店の特徴です。先に移転先を決めてから現店舗の売却先を探すことになると、二重に家賃を支払わなくてはなりません。先に現店舗の売却先を決めてから移転先を決めたほうが金銭的には負担は少ないですが、条件のいい場所を探すのはなかなか難しいものです。状況に合わせて逐一判断をしましょう。

慢性的な人手不足による閉店

人手不足は、飲食のみならず多くの業界で問題になっている閉店理由のひとつです。慢性的な人手不足は、悪しきスパイラルを巻き起こしてしまいます。人手が不足するということは、必然的に働いている従業員の負担が増えることに直結します。すると、今まで働いてくれていた人も労働環境の悪化により離職率が高くなり、また圧迫、そして離職と繋がっていき、人手が決定的に不足してしまいます。 さらに、新しい就職希望者も見つからない状況が発生してしまうと、料理の質が落ちたりお客様への配慮ができなくなったりと、店の評判を落とす事態になってしまいます。 人手不足に陥ってしまった場合は、労働環境の改善や福利厚生の見直しを行ってください。求人募集を行う際は、近隣のほかの店舗よりも時給が安くなりすぎないよう、他店の調査も大切です。

売り上げの伸び悩みや運転資金不足による閉店

人手不足と並んで多くの飲食店が陥ってしまうのが、売り上げの伸び悩みや運転資金不足による業績不振の閉店です。これは、当初考えていたよりも売り上げが伸び悩んでしまったり、最初はよかったけれど徐々に苦しくなって行ったりして、店を続けていくだけの資金がなくなってしまい引き起こされます。 資金繰りが困難な中で最もやってはいけないことは、料金の不払いや支払い遅延などです。これが続いてしまうとブラックリストに載ってしまい、次のお店を開く際の妨げになってしまいます。どうしても支払いが遅れそうだという状態になったなら、それが閉店のサインかもしれません。余剰資金を作るための見直しを早急に実行してください。

安易な気持ちで手を出しやすい?!開業後すぐに閉店してしまうケースの理由

ついこの間オープンしたばかりの目新しいお店が、半年もたたずに閉店してしまうのも、よく見かける光景ですよね。流行ものを取り扱うお店は閉店しやすいのはよく聞くことですが、そうでない場合も往々にしてあるのです。ここからは、飲食店の中でも特に、開業後すぐに閉店してしまうケースの理由について見ていきます。自分も当てはまるかもしれないと思う人は、ぜひ参考にしてみてください。

誰でもやりやすいジャンルなので簡単に手を出しやすい

料理は、ほかの業種に比べて身近なジャンルです。そのため、起業しようとした際に選択肢として浮かびやすいのです。そして、料理が得意な人というのは自分の腕前に自信があり、お店を開いてもやっていけるのではと思っていることが多いようです。 もちろん料理作りの腕前が一流なことは非常にいいことです。ですが、美味しい料理だけでは飲食店の経営はできません。飲食店の利益率は高くないため、こだわりが強ければ強いほど利益は少なく、赤字になってしまいがちです。飲食店成功のためには、美味しい料理だけではなく、マーケティングや売り上げ分析などの経営スキルも必要です。

開店費用が思ったよりもかさんで回収できない

飲食店というのは、おしゃれなカフェにしろ、元気のいいラーメン屋にしろ、清潔感や内外装の雰囲気が非常に重要になってきます。適当な外観では、お客様はほかの素敵なお店に取られてしまうでしょう。つまり、開店にかかる費用が大きい職種なのです。 飲食店の開店費用として、簡単な例を挙げるだけでも、店舗取得費・厨房機器購入のほかに内外装工事、テーブルやイス、食器や小物等の備品の準備、従業員の制服の用意も欠かせません。個人で小さなお店を開業する場合でも、500万円から1000万円ほど必要になってしまいます。 この金額を回収するのは、利益率の低い飲食店では非常に困難だと言わざるを得ません。経営戦略や売り上げ分析などの飲食とは関係ない部分もしっかりこなし、どんぶり勘定はしないという決意も必要だということです。

飲食店経営で閉店しないために気を付けるべきこと

ここまでは、飲食店経営で失敗してしまう理由について解説してきました。ここからは、飲食店の経営をする上で、閉店に追い込まれないように気を付けておくべきことを紹介します。 せっかく始めたお店ですから、閉店しないよう、気を付けながら運営していきたいものですよね。専門的なマーケティングの知識も必要になることはありますが、ここでは簡単にできる『閉店しないためのポイント』を取り上げます。飲食店経営の際のアドバイスとしてぜひご一読ください。

料理以外にも一味加えてSNS拡散を狙う

当然、料理が美味しいことは必要条件です。それに付加価値を加えることが、飲食店を経営する際に必要不可欠なのです。SNSで爆発的に人気になった「嫁入りおいりソフトクリーム」は、ソフトクリームの上にパステルカラーのかわいらしいお入りをプラスしたことで、『映える』スタイルを演出しています。 商品自体を映えるものにするほかにも、個性豊かな店員や、インパクトある盛り付けなども効果的です。このように、何かを付け加えることで消費者の楽しさやワクワク感を提供できるのです。 「あのお店に行きたい!」「素敵な料理で、しかも美味しいなんてすごい!」と言って広めてもらえるようになれば、口コミだけではなく、SNSでの拡散も狙えるはずですよ。

開業を焦って物件の妥協をしない

飲食店において、妥協した物件探しは絶対にNGです。閉店を決め、明け渡しを決めた後に慌てて探すことになることも多いので、なんとかここなら、と妥協したお店選びをしてしまいがちです。するとせっかく閉店して新天地で新しいお店をと思っても、そこでも失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。 立地が少し悪いだけで、お客様の入りというのは大きく違ってきてしまいます。少し狭いだけで、お客様が食事をする環境が変わるのです。いい物件に出会うまで開業しないほうが、本来であればベストです。いい物件は早めにとられてしまうことも多いので、閉店・開店費用とは別に、二重家賃になっても大丈夫なように運転資金も余分に確保しておきましょう。

店のホームページやブログを作って宣伝活動を行う

新店舗を作ったら、まずは認知度を上げなくてはなりませんよね。認知度を上げるために、宣伝活動を行いましょう。最初のうちはチラシやクーポンでの集客が功を奏しますが、長く続けていくとコストが割高になってしまいます。最初のブーストに使用したら、次はお店のホームページやブログを作っての宣伝活動に切り替えましょう。 昔は、専門的な知識が必要だったホームページ制作ですが、今は直感的に作れるものも多くなり、無料で高いクオリティのホームページが完成します。ホームページを作れない人は、ブログでも大丈夫です。ブログはもっと開設が簡単なので、気軽に始められます。 更に気軽なのが、SNS(Twitter、インスタグラム、Facebookなど)です。情報発信の場を作っておくことで、新メニューのお知らせや営業時間、宣伝活動などがリアルタイムでできるようになりますよ。

飲食店経営は難しい!閉店しない工夫は常に忘れない

飲食店でよく見られる閉店理由を紹介しました。多くの飲食店が、毎年閉店を迎えてしまっています。飲食店の経営は、着手しやすい割に軌道に乗せるのが難しいレッドオーシャン市場でもあります。軌道に乗って安定的な黒字経営になるには、数年以上の赤字期間に耐えなければならないデータもあるそうです。どのお店も、苦労を重ねて人気店になっているのです。 店主の体調不良や入院・年齢によるやむを得ない閉店もありますが、そうでない閉店ならば、しっかり対策を取れば回避できるはずです。開業前にしっかりと準備をしておくだけでなく、順風満帆に言っているときこそ工夫をし続けていく姿勢が、閉店を招かないことにつながります。せっかく始めたお店をつぶすことが無いよう、細かな点にも気を配るようにしましょうね。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ