飲食店買取りJP

閉店のどれくらい前に相談すればいいんですか?

想い入れのある店舗を閉店するには非常に悩ましいものです。しかし決断が遅れることで良い売却のタイミングを逃してしまうこともあります。
正式に閉店を決めていないオーナーさまも、閉店するしないに関わらず、閉店について少しでも考えたタイミングでまずは一度ご相談ください!!

閉店理由の多くが赤字経営が理由です。(その他、引退・移転・人材不足など)

居抜きでの売却をご希望であれば期間の猶予があるほうがもちろん有利ではありますが、買取り希望者が見つかるまでの家賃負担がつきまといます。
立地や賃貸条件などによっては、募集を開始して数日で買取り希望者が見つかるケースもある一方、1年募集をしても決まらないケースもあります。
解約告知を出せば3~6ヶ月の家賃負担で済みますが、買取り希望者が見つからない場合、基本的に原状回復(スケルトン戻し)にしなければなりませんので募集を開始するタイミングはとても重要です。

また、それぞれのケースについては、以下をご参考ください。

① 赤字で経営がギリギリの場合。

本来ならまだ黒字の時期、もしくは赤字額が大きくなる前の段階でご相談いただくことがベストと言えます。
一般的に閉店を考える時期の目安としては赤字が3ヶ月以上続いたときだと言われております。
家賃よりも赤字の金額が大きくなってしまっているのであれば閉店して募集をかけた方が毎月の負担は少なくなります。ただし、閉店した店舗の募集は造作譲渡金の交渉をされやすくなってしまいます。なぜなら閉店していると空家賃を負担していることが一目瞭然だからです。同様に解約告知を出してしまっている場合も原状回復工事(スケルトン戻し)までの時間制限ができてしまい、売却しづらくなります。

②移転先も探しながら募集したい場合。

居抜き売却は、タイミングが命ですので、もし移転先が決まっていなくても、売却のご相談は断然早めの方が有利です。なぜなら交渉の際に余裕が生まれるからです。

その一方で、希望に近い金額で売却できるときにはそのタイミングは逃さないほうが良いでしょう。
移転先を探しながら買取り希望者を探すオーナーさまも少なくありませんが、移転の時期と買取り希望者への引渡し時期を同じタイミングで行うのは相当難しいと言えます。
確かに待つことでもっと高く売れる可能性もあるかもしれませんが、結局売れずに原状回復工事(スケルトン戻し)をしなければならない実例は多いものです。

移転先を探したいオーナーさまはぜひ姉妹サイト「ぶけなび」をご利用ください。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ