まずは査定から。店舗閉店・売却・譲渡なら解約の前に飲食店買取りJPへご相談

お電話での買取り相談はこちら メールでの買取り相談はこちら

飲食店買取実績 1,258件  居抜き店舗買取希望者数 28,873

HOME > 解約その前に・・・

その解約予告、ちょっと待った!!有益な退店方法お教えします

解約その前に・・・

店舗の閉店・退店・移転・撤退には多額の費用がかかるのをご存知ですか?

店舗の解約にはたくさんの時間と費用が必要です。
可能であれば、「出来るだけ少ない費用で退店したい。」皆さんそう思われると思います。

もしお店の閉店・退店・移転・撤退をお考えでしたら、居抜きでの撤退が断然オススメです!!
そして賃貸借契約に原状回復義務の記載があってもこれらは交渉次第では回避が可能なのです。

閉店・退店・移転・撤退をするなら、ぜひ解約手続きの前に一度当社にお問い合わせください。

特に原状回復費用は、貸主及び管理会社様、物件、回復状態(スケルトン、事務所仕様)、重飲食の店舗と軽飲食の店舗等、場合にもよりますが、1坪あたり5〜10万円かかります。

例えば坪10万円計算で20坪の店舗をスケルトン戻しにすると200万円も必要なのです。
物件の坪数にもよりますが、100万〜数百万はかかると予想できます。

原状回復工事とは?

店舗・オフィスの基本的な賃貸借契約では、テナント側は契約終了後(退店時)に、原則として原状回復義務(入居時の状態に戻すこと)を定められていることがほとんど。

通常、原状回復をする場合、「内装解体工事」 「スケルトン工事」 「廃棄物処理」 など様々な工事を行う必要があります。また原状回復をするには、賃貸借契約の内容確認や現地調査をもとに、造作物解体の範囲、建物付帯物の撤去、廃棄処理方法の検討、修復工事の仕方など、貸主及び管理会社側と原状回復の内容を確認する必要もあります。

そのため、多くの時間と費用がかかってきますので、専門家にご相談されることをお勧め致します。

また、店舗撤退時のもうひとつの大きな負担は解約予告後〜引渡しまでの家賃です。
解約予告の提出後は、店舗を閉店しても、営業していても賃貸借契約書の解約予告期間に従って、引渡し時までは家賃を払い続けなければなりません。

その他、契約年数未満の解約は違約金が発生する場合もあります。

ところが居抜きで撤退すれば、それらの諸費用を免除できる可能性があります。
さらに店舗設備をそのまま残して閉店・退店・移転・撤退することで店舗造作の売却代金が手に入ります。

造作代金は、最寄駅や立地、家賃や保証金などの物件の条件、店舗造作物の状態などにもよりますが、思わぬ価格がつくこともあります。

内見の際には当社専門スタッフが同行し、お客様の店舗の紹介をお手伝いします。

極秘で売却をしたい方も安心してお問合せください。
当社の経験豊富な専門スタッフがご相談をお伺い致します。

ぜひ一度ご連絡ください!!

ご相談・お問合せはお気軽に

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、大家さまもどうぞお気軽にお電話くださいませ。

お電話での店舗買取りのご相談はこちら

フォームからのご相談は24時間受け付けております。

メールでの店舗買取りのご相談はこちら

また無料で原状回復工事や解体工事のお見積りを依頼できます。

・店舗の売却を希望せず、今の業者の原状回復工事のお見積りが高すぎるため他の安い業者を探したい。

・内装解体、スケルトン仕上げ、原状回復工事、解体廃棄物処理など、依頼内容に最も適した工事に柔軟に対応できる業者を紹介して欲しい。

・居抜きで購入した店舗だが、スケルトン返しの規約が契約書に盛り込まれている。実際退去時にスケルトン返しする場合いくら必要なのか、知っておきたい。

まずは飲食店買取りJPに原状回復についてご相談ください。

査定・相談無料!秘密厳守!
専門スタッフが丁寧にお答え致します。

お電話での買取り相談はこちら

「飲食店買取りJPを見た」と言うと
お取り次ぎがスムーズです

メールでの買取りの相談はこちら
  • 居抜き物件・居抜き店舗の物件情報満載!ぶけなび 株式会社あどばる

査定・相談無料!秘密厳守!
専門スタッフが丁寧にお答え致します。

お電話での買取り相談はこちら

「飲食店買取りJPを見た」と言うと
お取り次ぎがスムーズです

メールでの買取りの相談はこちら