飲食店買取りJP

移転したい!!そんな方へ3つの店舗物件探しアドバイス!!

移転したい!!そんな方へ3つの店舗物件探しアドバイス!!

飲食店の移転は珍しいことではありません。

たとえば、

  • ・定期借家契約の期間切れで立ち退かなければならない
  • ・店舗が繁盛してきたのでもっと広い店舗に移りたい
  • ・人材不足で広い店舗を回すことができないので、店舗を縮小したい

などなど、さまざまな理由で年間数多くの方が飲食店の移転をされています。
街を歩いていても「移転しました」なんて看板や張り紙をよく見かけますよね。
そこでいざ移転する時にどうやって移転先の店舗物件を探せばいいのかわからないなんてことがないようにご紹介します。

移転先探しその1 不動産会社をくまなくしらみつぶしに訪問する

この方法はほとんどの方が経験あるのではないでしょうか。いうまでもありませんがほとんどの家主さまは不動産会社に依頼して入居テナントを探しております。特に出店したいエリアの不動産会社には顔をつないでおきたい所です。
しかし、地場の不動産会社は店舗物件を扱わず、住居のみ扱っているという会社さんも少なくありません。居抜き物件をメインで探したい場合、不動産会社で取り扱っていないこともありますので事前に確認してから相談にいくことをオススメします。

また、不動産会社を次々に訪問していると同じ物件を紹介されたなんていう経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。不動産会社はほとんどの会社が不動産会社ネットワークサイトに登録しております。そのために全部とは言いませんが同じ店舗物件が出てくることがよくあります。自社で管理している物件を多く持っている不動産会社の情報は大変貴重です。もしそのような不動産会社を訪問できたら関係性を良くしておくことで良い物件を紹介してもらえる確率が増えるかもしれません。

移転先探しその1 不動産会社をくまなくしらみつぶしに訪問する

移転先探しその2 飲食店舗を専門に扱っている会社に問い合わせる

最近飲食店を専門に取り扱う居抜き業者や不動産会社が増えてきております。不動産会社を回る時間がないなんてオーナーさまも多いことでしょう。

特に飲食店の居抜き物件をメインに探す場合、不動産会社を訪問するより居抜き物件の専門サイトをチェックするほうが効率的といえます。というのも不動産会社からすれば、居抜き物件はスケルトン物件に比べて契約の手間が多いため取り扱っていないという不動産会社も多いためです。

また、居抜き物件の契約には後々のトラブルを防ぐために賃貸借契約のほかに、動産売買契約も結びます。そのため居抜き物件を専門に取り扱っている居抜き業者に依頼するほうが良いでしょう。こういった居抜き業者は家主さまに解約を出していない物件を扱っていることも多く、公開していない店舗物件情報や水面下で募集したい店舗物件情報を持っている会社も多く存在します。まずは気になるサイトで問い合わせし希望条件を伝えてみましょう。

居抜き業者に依頼するデメリットとしては、動産売買契約など特殊な契約を結ぶこともあり、やや手数料がかかります。しかし、居抜きの状態で店舗を引き継げば工事費も大きく抑えられます。

移転先探しその2 飲食店舗を専門に扱っている会社に問い合わせる

移転先探しその3 酒屋さんなどの仕入れ業者に聞く

これは知っている方は古くから使っている手法かもしれません。
特に酒屋さんは飲食店に配達、納品している関係上閉店しようとしている飲食店舗情報や新規オープンする飲食店舗の情報に詳しい方が多いです。また注文数から最近の業績も予測できる強者配達員もいますので、ゆっくり情報を集めたい方や自分だけの情報を得たい方など、一度聞いてみてはいかがでしょうか。
でも本業ではありませんので聞いた情報が間違っている場合もありますがそこは暖かい目で見てください。仲良くしておくのにこしたことはありません。

移転先探しその3 酒屋さんなどの仕入れ業者に聞く

以上3つの探し方アドバイスはいかがでしたでしょうか? 少しでもいい移転先に巡り合うためにぜひ試してみてください。 何かいいヒントが見つかるかもしれません!

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ