飲食店買取りJP

解約予告のタイミングはいつがベストですか?

解約予告のタイミングはいつがベストですか?イメージ

管理会社さまや家主さまへの解約告知のタイミングは、一般的には次の買取り希望者が見つかった段階で、解約の意思を伝えるという流れが良いでしょう。

解約告知を出すということは、言い換えれば退去日が決まってしまい、それにあわせて早期に買取り希望者を見つける必要が出てきてしまいます。買取り希望者が見つからない場合、原状回復工事(スケルトン戻し)を行わなければいけなくなるケースがほとんどです。

居抜き譲渡の承諾を得るうえでも、次の入居者がいる状態で交渉を開始したほうが家主さまや管理会社さまへ交渉もスムーズになりますので、解約告知のタイミングはとても重要になってきます。

しかし、買取り希望者が見つかる前に解約告知を出した方がメリットになる場合もございます。

例えば、赤字で店舗の継続が難しい場合や移転などで退去したい時期がある程度決まっている場合は解約までの期間が確定するため、3~6ヶ月後には退去が可能になります。

また、解約告知を出したタイミングで居抜き譲渡の承諾を事前に得ることができていれば、買取り希望者が見つかったにもかかわらず、居抜き譲渡を認めてもらえないなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

オーナーさまの状況によって、解約告知のタイミングは異なりますので、居抜き譲渡専門の業者へご相談されることをオススメします!

他の店舗も次々と売却成功しています

こちらの記事も読まれています

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ