飲食店買取りJPトップ

上野広小路駅

上野広小路駅は、東京メトロ銀座線の駅のひとつで、2013年の統計データによると1日の利用客数は22,438人となっています。東京メトロ日比谷線の仲御徒町駅や都営地下鉄大江戸線の上野御徒町駅、そしてJR京浜東北線・山手線の御徒町駅とそれぞれ乗り換えをすることができ、都内各所から便利にアクセスすることができる立地となっています。

駅の北側には上野恩賜公園があり、不忍池や上野動物園、東京文化会館や国立西洋美術館などの各種公共施設が充実しており、都民の憩いの場となっています。また、年末の大安売りなどで良く知られているアメ横商店街をはじめとするにぎやかな商業施設もあり、中央通りを中心として平日や休日に関係なく多くの観光客が訪れるエリアでもあります。

飲食店舗に関しては、都内を代表する老舗のそば屋やうなぎ屋、料亭など歴史のある老舗の飲食店が集まる一方、韓国料理やトルコ料理などの屋台、大衆居酒屋や魚介専門店、中華料理、洋食店やファストフード店など、若者から大人までそれぞれの食を楽しむことのできる施設がバランスよく集まっているエリアです。このように、商業施設と飲食店舗がどちらも充実しているのが、この上野広小路駅周辺の地域的特徴と言ってもいいでしょう。

このように、外食業界における各種雑多とも言える要素がにぎわいを見せているということもあり、飲食店を居抜き状態で売却する際にはそれほど困ることはないと想定しておいていいでしょう。このエリアには地元住民だけでなく、日本各地、あるいは世界中から数多くの観光客が集まりますので、飲食店にとってもっとも重要なお客様の層が厚く、開業するための好条件がほとんどそろっていると言うことができます。

売り手上位の市場となっていますので、売却する厨房設備や什器などの状態がそれほど悪くなければ、基本的にはスムーズに交渉を進めることができます。もちろん状態が良ければより良い条件で売却をできるので、常日頃から店内の清掃に努めること、そして厨房内においても同様にクリーニングやメンテナンスを適切に行なっておくことが大切です。

また、各種の業態が営業を行なっているエリアではありますが、居抜きの状態で売却するのであれば、やはり同じ業態に絞って交渉を進めた方が、無駄になる設備等も最低限に抑えることができて、結果として一番良い条件で売却をすることが可能となります。スケルトン状態であればどのような業態にも対応できますが、やはり効率的で無駄のない買取り交渉をしていきたいものです。