飲食店買取りJPトップ

志茂駅

志茂駅は東京メトロ南北線の駅のひとつで、JR東北本線の赤羽駅の東側のエリアにあります。周辺には昔ながらの住宅街が広がっており、隅田川や赤羽公園のあるのどかなエリアとなっています。

志茂駅周辺のエリアにおいて飲食店舗が集中しているのは、志茂2丁目の北本通りの南側エリアのあたりです。大衆居酒屋や定食屋、中華料理屋、そばやうどん屋、焼鳥屋などのジャンルの飲食店が多く、連日地元のひとたちでにぎわっています。

大きなターミナル駅とは違って地元に住んでいるひとが利用する店舗が多いため、老舗のお店が多く、新規参入の飲食店がそれほど頻繁ではないという傾向にありますが、その分新しい飲食店舗に対しての地元のニーズもあるため、店舗の開業を計画しているひともいない訳ではないと言うことができます。

そのため、志茂駅周辺のエリアですでに飲食店舗を経営していてクローズに伴って売却を検討している際には、厨房設備やインフラ、壁紙や照明器具、カウンターやテーブル、椅子などを含めて売却をする居抜き店舗での交渉を行なうことができます。この状態での買取りであれば、それほど準備に時間や費用をかけることなく新規オープンすることが可能ですので、チェーンの定食屋や居酒屋、カジュアルなバーなどの業態からの引き合いを想定しておくといいでしょう。

より高額な条件で店舗を売却するためには、やはり飲食店の多く集まるエリアに立地しているのが有利です。先に述べたように、志茂2丁目内の北本通りエリアには多くの飲食店舗が集まっていますので、立地だけで有利に交渉を進めることができるポテンシャルがあります。

もちろんそれだけではなく、それ以外のエリアに立地していたとしても、店舗面積が比較的広くてゆったりとしたレイアウトに恵まれているといったポイントがあれば、比較的高級路線の店舗からの引き合いが想定されますし、厨房設備が充実していれば料理自慢の飲食店を筆頭に多くの引き合いがあるでしょう。いずれにしても、売却しようと考えている店舗の評価ポイントがどこにあるのかを売り手側で見極め、そのポイントを重点的にアピールすることが大切です。

すでに述べたように、志茂駅周辺エリアは地元の住民が主に利用するマーケットですので、居抜き店舗の売却の際にはまずは地元の飲食店舗からの引き合いがないかを調査し、そのうえでエリア外からのニーズや引き合いについて検討してみる、といったステップを取ることをおすすめします。