飲食店買取りJPトップ

荻窪駅

荻窪駅はJR中央線快速や中央総武線、東京メトロ丸ノ内線の3路線が乗り入れる駅で、特に丸ノ内線の始発・終着駅でもあります。駅の北側には青梅街道(都道4号線)が走っており、西側には環八通りが通っています。駅の周辺には各種商業施設が集まっており、毎日の買い物に困ることはありませんが、駅から少し歩くと昔ながらの商店街や住宅街が広がっており、荻窪駅周辺が閑静な住宅街であることが分かります。

杉並区の中でも歴史のある住宅街のひとつというステータスのあるエリアでもありますので、こだわりを持った和食店やお寿司屋さん、センスの良いフランス料理店やイタリア料理店、エキゾチックなエスニック料理店など、クオリティの高い飲食店が点在している興味深いエリアでもあります。もちろん一般的なチェーンの居酒屋や定食屋、ハンバーガーショップなどもあり、若い人から熟年世代まで、それぞれの楽しみ方のできる食文化の豊かな地域となっています。

大手の外食チェーン店などでも荻窪駅エリアへの出店を検討しているところは少なくありませんので、いざ店舗を閉店して売却しようとする際には、買取り手に困ることはないでしょう。その際に厨房設備など残せるものをそのまま売却する居抜き店舗としての売却において知っておきたいコツにはいくつかあります。

まず、どのエリアに立地しているのかによっても売却価格に違いがあることを知っておきましょう。基本的には駅の南側エリアであれば商店街沿いの立地が人気となっており、北側エリアにおいては青梅街道沿いか天沼エリアなどの住宅地の立地へのニーズが高い傾向にあります。

次に、売却先として個人経営者をターゲットとするのか、大手の外食産業を相手にするのかを決めることです。個人経営者への売却の場合には、相手方における店舗のイメージがユニークであることが少なくありませんので、居抜き店舗がそのテイストに合うものであるかどうかが重要になります。つまり、先方が気に入るようなテイストであれば、それだけ高額な取引を行なうことのできる可能性があるということです。一方、外食産業への売却であれば、店舗のテイストによる判断ということよりも、相手側の決めた基準にどれだけ沿うことができるかどうかによって、交渉の進め方が異なります。

もちろん、居抜き物件において売却対象となる設備や機器、什器などの状態が満足のいくものなのかというポイントも逃してはなりません。とても基本的なことですが、案外クリーニングが適当であったりしてマイナス評価を受けることがないとも限りませんので、改めてチェックを怠らないようにしておきましょう。