飲食店買取りJPトップ

西船橋駅

採算が取れなかったり、別の場所に移転したかったりと、店舗売却の理由はさまざまでしょう。
高齢の経営者の中には、後継者がいないためやむをえず閉店するという人もいます。

常連客がたくさんいるような飲食店の場合は、そのまま閉店してしまうのはもったいないのではないでしょうか?
最近は、営業中の店舗をそのまま人に譲る、つまり売却することができます。

美容院や飲食店などは、お店をやっていくためにある程度の設備が必要なので、そのまま譲るというのは買い手にも喜ばれます。
買い手の方は、店舗を増やしたいと思っているチェーン店なども多く、早く低コストで開店することができます。

飲食店の場合は“居抜き物件”といって、今まで使っていた客席や厨房設備がそのまま使えるため、特に人気が高くなってきています。
居抜き物件の場合、売買する時には「造作譲渡契約」という契約を結ぶことになります。

これは、什器備品、内装、外装などの権利を譲渡する契約ということです。
賃貸物件でこの造作譲渡契約をする場合は、まず最初に貸主の承諾を得る必要があります。

また、譲渡の品目は細かくわかるように一覧表などにしておくと、必要なものなどがひと目でわかるというメリットの他に、譲渡の際トラブルにならないというメリットもあります。
契約の場合は、引き渡しの期日などもはっきり記載しておくことも大切です。

追加で購入する什器や備品がある場合は、新たに購入する金額や、いらないものの撤去代金なども合わせて考えて、金額をよく精査する必要があります。
なかには工事費や手数料が高くなってしまい、居抜き物件のほうが損をすることもあるので注意しましょう。

造作譲渡物件の契約は、賃貸借契約よりも前に契約を結ぶようにしましょう。
契約する時には、居抜きでの譲渡について貸主が承諾していることや、引き渡し日、支払日、売買価格などのほか、リース品があるかどうかなども明記しておくといいでしょう。

JR総武線の西船橋駅周辺には、飲食店も多く、お店を新たに始めたいと思っている人にとって、人気の土地柄です。
そのため、お店を閉店したいと思っている人は、上手な売却方法を考えることをおすすめします。

最近では店舗の売買を専門に仲介してくれる会社などもたくさんありますし、それらのほとんどは相談料や査定などの手数料が無料なので、プロのアドバイスを聞くのもいいでしょう。
よりよい条件で取引できるよう、細かい部分まで目を通して契約にふみきることが大きなポイントなります。