飲食店買取りJPトップ

門前仲町駅

神田祭や山王祭と並び、江戸三大祭りである深川祭で知られる富岡八幡宮や深川不動堂などの歴史的建造物があり、下町として知られている門前仲町エリアには、バラエティ豊かな飲食店が揃っていることで注目されています。
江戸情緒を色濃く残すエリアで、毎月1日、15日、28日には深川縁日が開催されたり、桜の彩る春や花火などの催しの多い夏場には近くの運河を屋形船が走るなど、江戸の精神が今に生きています。

そんな門前仲町にはそばやうどん、居酒屋や漬物屋、天ぷら屋や甘味処などの江戸時代から続く庶民の味を守る飲食店がある一方、路地裏には洒落た小料理屋やイタリア料理屋、フランス料理屋など、若い女性の注目を集める最新の人気店など、色とりどりのラインナップで知られています。

庶民の街ということもあり、門前仲町はビジネスマンではなく、地元に住んでいる人たちのエネルギーに満ちた街です。
ですので、飲食店のラインナップも高級店というよりは、カジュアルな店舗がより多いという印象を受けます。
あさりを贅沢に配した深川丼・深川めしという江戸のソウルフードが生まれたのが門前仲町であるのにも、そんな理由があるのでしょう。

地元に愛される店舗が多いこともあり、門前仲町の飲食店舗には息の長い営業を行っているところが少なくありません。
ビジネス街ではありませんが、下町情緒を目当てに観光客が訪れるエリアですので、飲食店への来客もコンスタントに確保できる立地となっています。
そのため、新しく飲食店を開業するために閉店店舗に対するニーズが多く、飲食店買取りJPでは居抜き店舗を高額で売却する機会に恵まれています。

これまで居酒屋として経営していたお店を居抜き店舗として売却する際、一般的には同じ居酒屋の業態か、和食店などからの引き合いが多く見られます。
しかし門前仲町では、和食店の佇まいのある物件を、あえてカジュアルなフランス料理店やイタリア料理店などとして利用するケースが増えています。
ただし、そういった場合でも既存の厨房設備はそのまま引き取ってもらえることが多く、せっかくの居抜き店舗の査定が下がってしまうといったことはなく、それだけ売却先のバラエティが広がるのは大きな魅力です。

古い物件が多いエリアですので、店舗の外観については古さを活かしたメンテナンスで構いません。
しかし、厨房設備については、やはり最新モデルやきちんと整備されたものが高い査定を受けますので、日頃の手入れを怠らないようにしましょう。