飲食店買取りJPトップ

明大前駅

明大前駅にはその名の通り、明治大学泉校舎が立地しています。
駅前には、「すずらん通り」「学園通り」「富士見通り」「松栄会」と4つの商店街があり、学生向けの喫茶店やファーストフード店、安価な飲食店が軒を連ねています。
2007年には駅ビル“フレンテ明大前”が開業し、学生以外の買い物客が随分と増えました。
一歩奥に入ると閑静な住宅街が構えていて、学生街と住宅街の2つの特徴があります。

今営業している飲食店舗を閉店しできるだけ高額で売却するにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。
それはズバリ!!「居抜き」の状態で売却することにあります。
居抜きの場合は内装・厨房器具・備品を撤去する必要がなく、スケルトン工事も必要ないので、閉店にかかるコストや手間を通常よりも大幅に削減できます。
とてもオトクだと思いませんか?では、そんなオトクな居抜き物件を更に高額で売却できるポイントを押さえておきましょう。

学生街というのは競合店が多いですよね。
競合店が多いということは、それだけ人が集まるところであり、集客力が見込めるということです。
そのため、これから飲食店を始めたいという買い手の方は少なくありません。
学生街から離れていても、最近では「こんなところに飲食店があるの?」という店舗が増えており、たびたびメディアで紹介されています。
そのような店舗を希望される方もいらっしゃいますので、タイミングさえ合えばすぐに売却できる可能性は十分にあります。

そして特に重要視されるのは清潔感です。
飲食店は食品を扱うお店ですから、内装が綺麗に保たれていればいるほど、買い手が見付かりやすくなります。
目に見えるところは勿論のこと、普段の清掃で怠っているところがあれば徹底的に綺麗にして、買い手に好印象を持ってもらいましょう。
買い手の心をガッチリと掴むことも高額売却のポイントの一つです。

内装が綺麗になったところで、最後に厨房器具を見てください。
欠けている部品はありませんか?丁寧に扱っていますか?ドキッとされた方は今からでも遅くはないので、丁寧に扱ってみてください。
なぜなら調理器具を丁寧に扱っている飲食店や、メンテナンスをきちんと行っている店舗は印象が良いため、買い手が付きやすい傾向にあります。

買い手の希望する業態やイメージにどれだけ合致しているか、または合致できる対応力があるかが重要になってきます。
つまり合致さえできれば高額売却・スムーズな成約ができる見込みがあるのです。
買い手の心を掴み、高額売却を目指しましょう。