飲食店買取りJPトップ

町屋駅

●町屋駅の周辺情報
町屋駅は東京都荒川区にある、京成電鉄本線と東京メトロ千代田線が乗り入れている駅です。荒川区の中心を占める場所に位置しているこの駅の近くには、はいから館や荒川区役所、荒川自然公園などの荒川区を代表する施設が多く存立しています。

町のシンボルでもある都電の荒川線が今でも運行を続けているこの土地の駅は、京成電鉄から一日平均で約二万人が乗り入れ、東京メトロからは約五万人が乗り入れています。
また、昔からこの地域に住み続けてきた人が多いために、住人の急速な高齢化が進んでいる地域でもあります。

●町屋駅周辺の飲食店事情
昔ながらの東京の下町であるこの町屋駅では、地域に根ざしたカフェや居酒屋に、蕎麦屋や焼き肉屋、お好み焼き屋など様々な飲食店舗が出店されています。住宅地や商店街がところ狭しと密集した混合密集市街でもあるこの土地では、そのように気軽に立ち寄れる雰囲気や値段の飲食店が人気を集めているのです。
さらに前述したように、この地域では住人の高齢化が急速に進んでいるため、そんなお年寄り向けの飲食店(カフェや蕎麦屋など)も確実に需要を高めています。
その一方で、豪華な雰囲気のレストランや高級志向の飲食店の店舗などはあまり見かけない印象を受けます。

●町屋駅周辺での売却・譲渡をお考えの方に
さて、町屋駅で現在、飲食店の売却、店舗譲渡をお考えの方に、ここで「居抜き」と呼ばれる売却、譲渡方法をご紹介いたします。
通常であれば、飲食店などの店舗を撤退させる際、その飲食店に残っている設備等はほとんど撤去させなくてはなりません。その時に発生する原状回復(店舗を最初の状態に戻すこと)コストは少なくない金額であり、それが原因で首が回らなくなってしまう人も少なくないほどです。 しかし、飲食店舗の内装、厨房設備などをそのまま残した状態で買取りの契約を進められる「居抜き」を用いれば、それらのコストを格段に縮小した店舗の撤退が可能になります。
この、設備を残した状態で売買される契約方法を「居抜き」と言い、そこで売買される物件を、「居抜き物件」と呼びます。

買い手の目線からしても、居抜きは無駄な工事がいらず早めの出店が可能であるなどのメリットが多い買取り方法であり、需要は年々高まっています。
また、町屋駅のように地域住人と店舗の距離が近い土地柄の場所では、前までの雰囲気が色濃く残った店舗はお客さんにも親しまれやすいはずです。そういった観点から考えてみても、「居抜き」という方法はオススメできる方法です。
居抜き物件の売却では、厨房設備や看板、広い間口や一階の路面に位置しているかなど、様々な条件で店舗の売値が上下していきます。
店舗の売却、譲渡の際には、是非ご自身の店舗をベストな状態にお保ちください。

「飲食店買取り JP」では、居抜き物件の相談はもちろん、飲食店撤退や売却について、ありとあらゆる面からお客様をサポートいたします。
何かありました際には、是非「飲食店買取り JP」までご相談ください。