飲食店買取りJPトップ

国立競技場駅

●国立競技場駅について●

国立競技場駅は、東京都新宿区に立地する都営大江戸線の一駅です。都営大江戸線は、山手線のように都内をほぼ循環していて「光が丘駅」から「都庁前駅」まで地下を大きく回る循環路線の様な形を形成しています。国立競技場駅を降りると、歩いて数分のところにはJR中央・総武(各駅停車)線が乗り入れている「千駄ヶ谷駅」が立地しています。それぞれの出口からは、国立競技場、神宮外苑、東京体育館などのスポーツ施設が整備されています。1日の平均乗降客数は1万~2万人です。各施設、イベント事がある時は乗降客数が一時的に増加します。

●国立競技場の周辺について●

国立競技場エリアは周囲を代々木公園、明治神宮、新宿御苑、赤坂御用池などの緑で囲まれている23区内でもあまりないような所です。降り立つ出口によって周囲の光景もガラッと変わります。千駄ヶ谷駅と反対方面に降りるとスポーツ施設に囲まれた光景が伺えます。また周辺には、国立能楽堂や津田塾大学などもあります。
このエリアはオフィス・事務所もありますが、路地に入ると住宅街の広がる閑静なエリアになります。

●売却・譲渡をお考えの方へ●

前述したように、スポーツ施設、文化施設、文教施設、オフィスなどが軒を連ねているエリアです。飲食店舗もスポーツバーや、居酒屋、洒落たカフェ、ラーメン店、カレー店などバラエティに富んでいます。
飲食店舗を売却・譲渡する際に、各業態に共通して言える事は、原状回復を行おうとすると長い工事期間・多額の工事費用がかかるという事です。しかし、「居抜き物件」の形で飲食店舗を売却・譲渡すれば、工事期間・費用が大幅に抑えられ、その期間の営業利益も確保できます。そのため、「居抜き物件」の形での売却・譲渡をお勧めします。

「居抜き物件」として飲食店舗を売却・譲渡する際に最も重要なのは「清潔感」です。
買い手が一番注目している点が造作物の清潔感です。ネットで確認できる画像も内覧して実際に見たものでも清潔感が無いと感じたら躊躇してしまいます。
清潔感を保つには、常日頃からの掃除が大切です。閉店・撤退時にはさらに細かい部分でダクトの中や水回り、内装や什器、壁のシミや黄ばみなどにも気をつけましょう。普段から丁寧な清掃を心がけることで高額譲渡・売却につなげる事が可能です。

その他のポイントとしては、アピールポイントを見つけることです。1階店舗、道路沿い、角地に立地している店舗は立地がアピールポイントになります。それ以外にも、視認性があり広告力のある看板や広告がありましたらセールスポイントとしてぜひアピールしてください。

飲食店の売却・譲渡に関してお困り事やお悩みがありましたら「飲食店買取りJP」までご気軽にお問い合わせください。