飲食店買取りJPトップ

神楽坂駅

飲食店の中でも、ラーメン店を居抜きで購入・賃貸したいと考えている人は非常に多いので、店舗売却を考えている場合には非常に有利です。
ラーメン店の開業を希望する人も多いので、居抜きでの店舗売却はおすすめです。

ラーメン店に限らず、飲食店を居抜きで売却する場合は、店内がいかにきれいか、また立地がいいかどうかが大きなポイントになりますが、ラーメン店は他の飲食店に比べ、あまり立地に左右することがないので、通行料の多い表通りに面しているかどうかは、あまり気にすることはありません。
ラーメン店の場合、調理人の他に料理を運ぶ人が最低1人いれば成り立つ業種のため、賃料や人件費をあまりかけたくないと思っている場合は、開業時にあまり規模の大きくない店を選ぶ傾向にあります。

大きすぎない規模の方が、店主の目が隅々まで届きやすいため、運営も楽になるのです。
また、ラーメン店の場合は厨房だけでなく、客席も店によってレイアウトが変わるメリットなどがあまりないため、居抜き物件はそのまま手を加えずに開店することのほうが多くなります。

ラーメン店に限らず、飲食店は厨房の排水設備が大きなポイントになります。
排水設備が整っていると、調理の際の負担を大きく軽減することができるからです。

例えば、排水口径が小さすぎないかどうか。
スムーズに水が流れていかないと、調理だけでなく清掃にも手間や時間がかかるようになってしまいます。

また、グリーストラップといって、油が直接下水道に流れ出していかない設備があるかどうかで、油ものの出やすいラーメン店などでは、居抜き物件の評価がかなり違ってきます。 ラーメン店は広い店舗面積を必要とせず、従業員も少なくてすむため、大変人気のある物件です。

そのため激しく、閉店に追い込まれる店舗も数多くありますが、神楽坂周辺は意外にラーメン店が少ないようで、新たに開業するにはねらい目といえます。
そのため、物件を探している人も多いので、閉店を考えているなら居抜きでの売却がおすすめです。

厨房機器やレイアウトは、お店が変わってもラーメン店という業態であれば、ほとんど共通して使えるので、閉店した店をすぐに使いたいという希望がたくさんありますから、引き渡しなどにもあまり時間をかけずに、すぐに譲渡契約を結ぶことができるのです。
ただし、店舗内が汚れていると評価が下がりやすくなりますので、引き渡す前にきれいにしておくことが大切です。