飲食店買取りJPトップ

神保町駅

●神保町駅とは●

神保町駅は、東京都千代田区の北側に位置する地下鉄の駅です。学生やサラリーマン、OLなどによく利用され、一日の平均乗降客数は34万人から35万人と多めです。
神保町駅には、地下鉄3路線が乗り入れています。都営地下鉄三田線が、東京都の「新高島平駅」、神奈川県の「日吉駅」より。都営新宿線が、千葉県の「本八幡駅」、神奈川県の「橋本駅」より。東京メトロ半蔵門線が、埼玉県の「南栗橋駅」、神奈川県の「中央林間駅」より。
上記の駅から複数の路線を経由して接続しています。

●神保町駅周辺とは●


神保町駅真上には、靖国通り・白山通りが広がっています。通り沿いには古書店が軒を連ねています。この古書店は、明治の初期に相次いで創立された法律学校(現在の大学)の学生をターゲットに建造したものばかりです。このエリアの書店は約200店舗程あり、そのうち約3分の2が古書店で、エリア内にたいていの本が揃っています。
また、三省堂書店や岩波書店、有斐閣、小学館などの大手出版社本社がこのエリアに点在しています。さらに、専修大学、日本大学、明治大学、共立女子大学などの文教施設も点在しています。

●店舗の高額売買・譲渡をお考えの方●

飲食店舗の譲渡・売買をされる時に、このポイントは抑えておいてほしい!という点がいくつかあります。
1、飲食店舗の売買・譲渡の方法
飲食店舗の譲渡・売買の方法は2つあります。「スケルトン物件」と「居抜き物件」です。
スケルトン物件で譲渡・売買に出そうとする場合、店舗内を空にするための工事期間や工事費用がかかり、作業が終わるまでの期間の空家賃もかかる可能性があります。しかし、居抜き物件だと、そうした費用がかからずに明け渡す直前までの営業利益を手に出来る可能性があります。また、買い手にとっても、大がかりな工事が必要なくなり即営業出来る場合もあります。よって、居抜き物件の売買は売り手・買い手共にメリットが多い方法なのです。

2、外からの店舗の見た目
買い手にとっても売上を上げたいので立地は気にする所です。外から見て、角地・1階店舗・道路沿いなどの条件に合っている飲食店舗だと売買・譲渡価格も上がりやすいです。さらに、成約に結び付きやすいでしょう。しかし、条件に多少あわない物件でも、視認性のある看板や周囲に宣伝できるような広告スペースがあったらセールスポイントになるので是非アピールしてみてください。

3、清潔感について
買い手が一番重要視する点が清潔感です。好条件がそろっている飲食店舗でも汚れが目立つ物件だと、買い手はためらうものです。
そのような事が起きないように、退去時には普段手を付けないようなダクトや排水部分、端の汚れなどを綺麗に掃除してみてください。内装の綺麗な店舗は、それだけで譲渡・売買価格が上がりやすくなります。

「飲食店舗買取りJP」なら、誰にも知られずに極秘で売買・譲渡が可能です。飲食店を運営している当社だからこそ、オーナー様のお気持ちになってお悩みをお伺いできます。何かお困り事がありましたらお気軽にお問い合わせください。