飲食店買取りJPトップ

日吉駅

神奈川県にある日吉駅は東横線と横浜市営地下鉄が乗り入れていて、田園調布や目黒線などの直通電車があるため、比較的乗降客の多い駅になります。
駅周辺は商店街と住宅街になりますが、慶應義塾大学があるため、学生の多い街で、学生向けの飲食店がたくさんあります。

学生向けの飲食店というと、一昔前まではラーメン屋や定食屋が定番でしたが、最近は女子大生も増えていることから、イタリアンやフレンチレストラン、カフェといった飲食店に人気が集まっています。
そのため、客の減少により古くからの飲食店の中には、閉店を余儀なくされる店舗も多いようです。

日吉駅周辺の店舗を売る場合には、新たにレストランやカフェといった業態に改装しやすい店舗が人気があります。
どの業態でもそうですが、新たに開店する店は、閉店した店と同じ業態の方が、内装や厨房などを改装する手間と費用が省けて売却しやすくなります。

例えば、レストランの場合はグリドル、サラマンダー、スチームコンベンション、ワインセラーといった専門性の高い厨房設備があると、高値で売却することができます。
しかし、あまりに高級感がありすぎると、学生街のイメージからは遠くなってしまうため、買い手が付きにくくなるということもあります。

どちらかというと、日吉駅周辺の場合は、庶民的なビストロの方が集客が見込まれるので、定食屋などの閉店した店舗を少し改装するというくらいのほうが、買い手が付きやすいようです。
ビストロやカフェを開業したいと思っている人は、ほとんどが自分の店に対してこだわりを持つ人が多いので、改装を希望するようです。

ただし、大掛かりな改装となると初期費用が高くなるので、居抜きで購入して、手を加えていくパターンがほとんどです。
居抜きで売却する場合は、新しい店主に引き継ぐ設備がきれいにしてあることが大前提です。

長く営業していた店舗でも、隅々まで清掃が行き届いていて、店内がきれいに整理整頓されていれば、買い手の印象がかなり良くなります。
厨房設備のメンテナンスも大切です。

営業年数が少なくても、店内が臭かったり、エアコンのフィルターが汚かったりすると、買い手に敬遠されてしまいます。
また、売却する設備がひと目でわかるようになっていると、契約も早く決まりやすくなりますので、売却できるものと、リースしているものなどが一覧でわかるような表を、なるべく早めに作成しておくことをおすすめします。