飲食店買取りJPトップ

東高円寺駅

東高円寺駅は東京メトロ丸ノ内線の駅のひとつで、2011年の統計資料によると1日あたりの乗降客数は30,833人となっています。青梅街道(都道4号線)と環七通り(都道318号線)の交差点の付近のエリアで、近隣には杉並第三小学校や杉並第十小学校などの教育施設や集合住宅が建ち並ぶ、住宅街としての様相を呈しています。

そのため、このエリアを訪れる観光客はほとんどいないため、飲食店舗においても地元の住民をターゲットとして営業を行なっています。飲食店は駅から北上して東高円寺駅北交差点に至るエリア周辺に集まっており、夜には会社帰りの地元の住民などで賑わっています。

このあたりのエリアで営業している飲食店には、フランチャイズの串カツ屋や大衆居酒屋、ラーメン屋や中華料理屋、定食屋、ショットバーやワインバー、洋風居酒屋やカジュアルイタリアン、お好み焼き屋など、こぢんまりとしたエリアであるにも関わらずいろいろなジャンルのお店がそろっています。

住宅街であるにも関わらずさまざまな飲食店が集まっているのはやはり都心近くの立地ということもありますし、人口密度が高いのに比べて地価が比較的妥当であるといった経済的・地理的な条件も関係しているでしょう。

いずれにしても、飲食店を開業するにあたって候補地とされることの多いエリアとなりますので、いざ閉店となった場合でも比較的スムーズに売却先を見つけることができると言ってもいいでしょう。売却する際には、厨房設備などをそのまま残して居抜き店舗として行なう方法がおすすめで、この方法であれば売り手側のコストを抑えることができるだけでなく、買取り手側においてもすぐに開業準備を行なうことができ、かつ初期費用を少なくすることもできるというメリットがあります。

もちろん、使えないような厨房設備を売りつけることはできませんし、交渉の際にそういった事実が発覚してしまうと、かえって交渉を有利に進めることが難しくなります。そういった事態を招かないためにも、居抜き状態で売却する候補となるアイテムについては、交渉をスタートする前にきちんとチェックをするようにしておきましょう。

また、同じように使える状態のものであっても、汚れやサビなどのない見た目にも清潔なものの方がより印象は良くなります。そのため、常日頃から設備や器具を使用したあとには、きちんと清掃をしておくような習慣付けをすることをおすすめします。