飲食店買取りJPトップ

学芸大学駅

学芸大学駅は東急東横線が乗り入れていて急行も止まる便の良い駅です。
最寄りには大学のキャンパスはありませんが、近隣に立地しているため一人暮らし用のアパートも充実しています。
駅周辺には大型スーパーマーケットや商業施設・商店街があり生活に困らないので、ファミリー層にとっても住みやすい街です。

現在お客様がお持ちの飲食店舗を閉店・売却するなら「居抜き」の状態で売却するのがお得です。
通常閉店すると諸々の費用が掛かり、マイナスになってしまうことがあります。
ですが、当社を利用して売却していただくと“現状回復費”や“解約前家賃”が掛からず、プラスになって戻ってくることが多々あります。
また、お電話を頂いたらすぐに店舗へ取材に伺い、そこで頂いたデータを基に、最短で当日から出店希望者にご紹介いたします。
もちろん完全秘密主義ですので、店舗の閉店を誰にも知られたくない方も安心して売却することができます。

焼肉や焼き鳥といった臭いや煙が多いこの業態は開業可能な物件が限られているため、新たに出店を考えている方の数に対して物件が不足している傾向にあるので、高額売却の可能性があります。
しかし、煙や油を多く使う業態は汚れやすいので、いかにメンテナンスされているかが重要になってきます。

焼肉・焼き鳥業態は排気設備がしっかりしていないと店内が汚れてしまいます。
重飲食の場合にはダクトの状態にこだわる方は少なくありません。
同じダクトでも建物の屋上まで上に伸びている状態の物が一番人気です。
また、ダクトがしっかりしている物件は焼肉屋や焼鳥屋はもちろんですがレストランやカフェと、様々な業態に対応できるので高値が付く傾向にあります。

ダクトの状態にこだわる人というのは、同時にグリーストラップの状態も気にする人が多いです。
グリーストラップは厨房から出る排水をそのまま下水に流さないための装置です。
営業用の調理施設は1976年の下水道法により設置が義務付けられているので、飲食店には必ず設置されています。
折角ダクトの状態が良いのに、グリーストラップがしっかりしていないと買い手が付きにくくなってしまうので、メンテナンスを定期的にすることをお勧めします。

しかし、これらの設備がしっかりしていても什器の数が不十分でしたり、内装が汚れていると買い手の第一印象が悪くなってしまいます。
飲食店は食品を扱う業種ですから、清潔感を何よりも重要視しています。
気になるようでしたら査定前に一度、清掃業者に頼むことも視野に入れておきましょう。