飲食店買取りJPトップ

外苑前駅

外苑前駅は東京メトロ銀座線の駅のひとつで、2013年の統計データによると1日の乗降客数は76,969人となっています。駅は青山通り沿いにあり、駅の北側には東宮御所や秋に色付く銀杏並木で有名な明治神宮外苑、秩父宮ラグビー場、旧国立競技場、東京体育館、そして国学院高校や都立青山高校などの教育機関があり、駅の南側には港区立青山小学校や広大な青山墓地が広がっています。その間を縫うようにしてさまざまな商業施設や企業のオフィス、ブランドショップなどが集っている、エネルギーに溢れたエリアとなっています。

そのエネルギーに吸い寄せられるようにして、さまざまなジャンルの飲食店舗が集まっており、駅の南側の南青山エリアには、おしゃれなフレンチレストランやイタリアンレストラン、隠れ家的な和食料理店や小料理屋、その他世界各国の珍しい料理を提供するシックなお店などが点在している東京の食文化を代表するエリアのひとつとなっています。

そのため、外苑前周辺のエリアへの出店を目指している飲食店は数多く、空き店舗が出たとしてもすぐに埋まってしまうほどです。このあたりの飲食店舗は都心の一等地にありながらゆったりとしたレイアウトのお店も珍しくなく、そういった店舗は高級飲食店として運営されている傾向があります。

このエリアで飲食店を経営していて事情があってクローズしなければならなくなった場合でも、まず心配することはありません。情報さえ流しておけばすぐに新しい買い手が見つかりますので、あとはできるだけ有利な条件で売却することのできる相手を探すだけです。

店舗を売却する際にスケルトン状態に戻すとなると、各種設備の撤去や廃棄のためにある程度の決まった費用が必要になってしまいますが、居抜き状態で新しい買い手に売却することができれば、撤去や廃墟に必要となる時間や費用の削減ができるので便利です。

より高額な条件で取引を進めるためには、売却する設備がどれも清潔であり、器具や機器などは想定された機能がきちんと動作する状態であるようにメンテナンスされていることが必須となります。いくら見た目がきれいであっても、いざ調理を行なう際に動かないということであれば、もちろん買取りをしてもらうことはできません。そのためには、売却時にまとめてクリーニングやメンテナンス、修理などを行なうのではなく、日頃から意識的に行なっておくことで、いざという時に慌てずに済みます。