飲食店買取りJPトップ

船橋駅

飲食店経営をしている人の中には、高齢になってきても後継者がいないため、店舗を続けていくのが難しくなってくるという人も少なくありません。
居酒屋や小料理屋といった夜営業している飲食店は特に、高齢になってくると体力的に続けていくのが難しくなってきて閉店せざるを得なくなることも多いようです。

少し大きな規模の飲食店になると、従業員がいることも多いため、店舗が閉店することによって、そのしわ寄せが従業員に行ってしまうこともあり、経営者はなかなか閉店に踏み切れないようです。
店舗経営の存続が難しい場合には、売却をするのもひとつの手立てです。

お店を潰してしまうよりは、飲食店をそのまま売却すれば、従業員の雇用を維持できたり、有力なグループの傘下で効率的で安定した事業経営をすることができます。
買い手側にとっても、お店の立地をまとめて確保することができるため、売り手と買い手の双方にメリットがあるのです。

多くの飲食店の物件は「居抜き」という言葉が使われています。
これは、内装や什器備品などを、そのまま新しい経営者に引き継ぐことです。

「居抜き」の場合、新しく借りる方は改装費や設備投資が安く済むので喜ばれます。
お金がかからないだけでなく、開店までの時間が少なくすむわけです。

売却する方は、引き渡し直前まで営業することができますし、店にある備品によっては売値が多くなる可能性もあります。
千葉県船橋市には、船橋ららぽーとという大きなショッピングモールがあり、人がたくさん集まりやすくなっています。

船橋ららぽーとの中に、レストランもたくさん入っていますが、人が集まりやすい地の利なので、その周辺の店舗は、新たに食べ物屋を始めたいという人には人気のある土地柄です。
買い手が多いということは、売り値も自然に高くなります。

居抜きでお店を売却する場合、リースしている設備機器が中チェックすることが大切です。
リースの残高と満了期間をしっかり確認しておきましょう。

設備機器の中には、残額を支払うと買い取ることができるものもあるので、それによって売値が左右されることがないかどうかの確認も必要です。
お店を手放すと決めたら、店内の掃除も大切です。

きれいにしておけばするほど、売値も良くなるからです。
さまざまな設備や厨房機器はもちろんですが、トイレやエアコンなどは特に汚れが目立ちやすいので、より気を付けてきれいにしておきましょう。

買取が決まってからきれいにすればいいという考え方では、損をしかねません。