飲食店買取りJPトップ

学生街

都内の学生街で代表する立地といえば、
早稲田大学のある早稲田駅、東京大学のある本郷三丁目駅などを良く耳にしますが、実は都内で1番大学が密集している駅は「御茶ノ水駅」なんです。
御茶ノ水エリアは水道橋、神保町、九段下等の駅からも近く、中央大学、明治大学、日本大学、共立女子大学、大妻大学、日本歯科大学、順天堂大学、法政大学等数多くの大学が点在します。また、オフィス街としての顔を持っているエリアでもあるので、ターゲットとする顧客も学生からビジネスマンまで幅広い層であるといえるでしょう。

学生街 の代表的な立地

早稲田駅、本郷三丁目駅、御茶ノ水駅、水道橋、神保町駅、九段下駅など。

学生街 の居抜き売却のメリット

  • 都心の学生街エリアであれば、オフィス街としての顔もあるので、一般的な飲食店舗の出店人気エリアでもある。
  • 上記エリア外であっても、あえて繁華街を避けて学生向けの地域密着型店舗を出店したい買取り希望者は多い。理由としては、駅前繁華街やオフィス街よりも家賃が安く、競合店も少ないことやランチ等の安定した集客が見込めるからである。

学生街 の居抜き売却のデメリット

  • 一般的に学生街エリアは、昼の需要は高いが夜の需要が少なく、メニューの単価も低価格になりがちであるため、買取り希望者が限られてきてしまう。
  • ターゲットを絞った店舗づくりが必要になるため、さまざまな客層を集客するのが難しい。
  • 学生が休みの期間は学生街は急に静かになる傾向があります。その期間に売却を検討する場合は人通りが少なくなるので買取り希望者に取ってマイナスなイメージに。

学生街 の居抜き売却実績例

場所: 文京区白山
駅名: 都営三田線 白山駅
面積: 15坪程度
階数: 1階
売却までの期間: 2ヶ月
売却金額: 造作120万円で売却成功
売却成功要因: 白山駅から徒歩3分のところに専修大学、徒歩10分圏内には東京大学もあり、非常に学生が多いエリアである。本件も学生をターゲットとした定食メインの店舗。オーナーさまが高齢につき、やむなく閉店を決めたのですが、専修大学の卒業生が学生の集まる飲食店を開業したく、めでたく成約。

まとめ

都心エリアは例外として、学生街はターゲットが限られてしまうため、コンセプトを持った買取り希望者を見つけることが、高額売却へ結び付ける秘訣となります。
買取り希望者を見つけることが高額売却へ結び付ける秘訣となります。 また学生街の物件情報は、希少性が高く、ほぼ一般に出回らないことも特徴です。