飲食店買取りJPトップ

住宅街

特徴としては周辺の繁華街やオフィス街から離れており、住宅が密集している地域を差します。ターゲットとするお客さんも幅広い一見さんではなく、周辺に住まう住民や会社員がほとんどです。運営は中堅、大手企業ではなく個人店舗が圧倒的に多く、店舗の大きさも比較的小さめです。

住宅街 の代表的な立地

東横線、大井町線、田園都市線沿線の世田谷区、港区の麻布エリアなど、都内の富裕層が居住するエリア(代官山、自由が丘、駒沢大学、中目黒、広尾)が代表的な立地です。

住宅街 の居抜き売却のメリット

  • もともと上記人気駅での閉店情報はあまり流通しておらず、情報が公開されるとすぐに買取り希望者が集まり成約してしまうケースが多いので、情報に希少性がある。
  • 上記エリア外であっても、あえて繁華街を避けて地域密着型の店舗を出店したい買取り希望者は多い。理由としてはやはり駅前繁華街やオフィス街よりも家賃が安く、競合店も少ないからである。
  • たとえば雑貨屋や美容室等の、飲食店以外での買取り希望者も見込める。

住宅街 の居抜き売却のデメリット

  • 閑静な住宅街であれば、騒音や排煙および、臭いの出る業態は厳しいので、ある程度出店可能な業種が絞られてしまう。
  • 飲食店舗を開業した後、認知され軌道にのるまでの期間がかかるため、運転資金が潤沢な買取り希望者を探す必要がある。

住宅街 の居抜き売却実績例

場所: 世田谷区等々力
駅名: 大井町線尾山台駅 徒歩3分
面積: 15坪程度
階数: 1階
売却までの期間: 2ヶ月
売却金額: 造作150万円で売却成功
売却成功要因: もともとは住宅街にあるイタリアンの店舗。買取り希望者がイメージしていた地元の隠れ家的なカフェのイメージと合い売却成功。

まとめ

住宅街は家賃が安いなどのメリットもあれば、認知されるまでに時間がかかるといったデメリットもあります。
コンセプトやこだわりがはっきりしている買取り希望者が内覧に来た際に、どれだけ地域住民や固定客がとれる魅力的な立地であるか、を説明できるかによって、早期高額売却へつながるかが決まるでしょう。