飲食店買取りJPトップ

炊飯器

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

炊飯器の店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
炊飯器の店舗物件を売却したいと考えている方へ、炊飯器の居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

炊飯器の居抜き店舗の特徴

業務用の炊飯器は、家庭のものと比べて炊けるご飯の量が多いだけでなく、大量のお米を炊き上げることによって、ふっくらと仕上がるなどの特徴があり、業務用ならではの良さがあります。和食や洋食などの業態を問わず、多くの飲食店に設置されている炊飯器ですが、いざ閉店となると、高額査定につながるモデルにはいくつかのポイントがあります。
ここでは、炊飯器のある居抜き店舗を高額で売却するために知っておくべきことについて確認しましょう。

ガス式炊飯器の良さは、お米の粘りやうまみを引き出しながら炊飯を行うことができる点です。中でも、好みに合わせてお米の固さや粘り、甘さを自由に設定できるマイコン付きのタイプが人気です。
設定した炊き方を登録できることで、誰が炊いても同じようにご飯を炊き上げることができますので、アルバイトやパートなど色々な人が働いている業態の厨房では、このタイプの炊飯器が好評です。

機種によっては、標準炊きや和食用メニュー、洋食用メニューなどがあらかじめ設定されているもの、無洗米用のモード、そしてお米を洗った後にすぐ炊飯できるモードなど、用途に応じた色々な炊き上げモードが搭載されているものがあります。
いずれもボタン一つで簡単に炊飯することができるので、売却の際には高額査定の対象となります。

また、同じガス式の炊飯器でも、機器本体の間に空気層を作ることで、内部の熱が外部に伝わりにくいタイプの商品も出ています。
大量のお米を炊く際はそれだけ大量の熱が発生するものですが、このタイプの炊飯器では、炊飯中に本体に触れてもそれほど熱くないため、火傷などのトラブルを防止することにも役立ちます。
さらに、炊飯中に対流が発生しやすい構造のため、お米を舞い上げながら熱を加えていきますので、形の崩れることが少なく、美しい炊き上がりになることも高く評価されるポイントです。

一方、電気を利用した炊飯器においては、ガス式にも引けを取らない高い火力を実現することで、炊き上がりについてもふっくらとしたお米になるものが多く、さらにガスを使わないことで、安全性への配慮を特に気にする方には、こちらの炊飯器の方が人気である場合もあります。
配管の心配をする必要もありませんし、何よりガスがなくても利用できる手軽さがメリットと言えます。

このように、炊飯器にはモデルによって、それぞれに適した用途があります。
閉店に伴う売却の際には、売却先のニーズを見極めた上で、それに見合った設備を整えておくことで、より高額な査定を受けることができます。
飲食店買取りJPでは、高額査定を受けるためのサポートを幅広く提供しています。