飲食店買取りJPトップ

エレクトリックダーツ

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

エレクトリックダーツの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
エレクトリックダーツの店舗物件を売却したいと考えている方へ、エレクトリックダーツの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

エレクトリックダーツの居抜き店舗の特徴

エレクトリックダーツのメリットは、通常の木製のダーツとは違って、自動的にスコアを計算してくれるということで、勝負に応じてライティングによる演出があるなど、ダーツをより効率的に楽しめる工夫が施されているというところでしょう。

プールバーなどにはダーツが設置されているところもありますし、ダーツ専用のダーツバーなども連日多くのお客様で賑わっています。しかしそれらは食事をメインとして楽しむというよりは、どこか別のところで食事を済ませたあとに、軽くお酒を飲みながらみんなでワイワイとダーツを楽しむための施設といったところがあります。

しかしながら、最近では食事をとりながらカラオケを楽しむことのできる飲食店舗も増えてきているなど、付加価値を持った飲食店舗の展開が話題となっています。そんな流れのなかで、エレクトリックダーツを楽しめる飲食店舗のニーズも少なくありません。

カラオケであれば防音性能のある個室が用意されればスムーズに導入することができますが、エレクトリックダーツを導入するためには、ある程度のスペースが確保されている必要があります。一般的なダーツを使用する際には、投げる位置からブル(ダーツの的の中心)までの距離が2.4メートル以上確保されていなければならないとされています。つまり、半径1.2メートル以上のスペースにテーブルや椅子などを設置することができないということです。

そのため、エレクトリックダーツを設置する飲食店舗においては何もないスペースを設けなければならないため、限られた店舗面積で効率的に運営を行なおうと考えると、デメリットが目につくようになります。すでにエレクトリックダーツを楽しめる飲食店舗を運営していた場合は、居抜き店舗として売却するにあたって新たな買取りオーナーを探す際にダーツによる集客力をアピールするとともに、ある程度のスペースが必要となることをきちんと伝えておくようにしましょう。

ラウンジ形式で創作料理を楽しむことのできるソファがメインの飲食店などであれば、お店の雰囲気にもダーツが似合いますし、お客様の目線を低く設定することができるため、より安全な環境を確保することにもつながります。ダーツを楽しむ際には立った状態で自分の目線のラインをダーツが飛びますので、他のお客様が椅子に座っているよりもソファに座っている方が、それだけダーツのラインよりも低いところにお客様を位置づけることができるのです。