飲食店買取りJPトップ

M&A(株式譲渡・事業譲渡)をお考えの方へ

M&Aとは英語の「Mergers and Acquisitions(合併と買収)」の頭文字を取った用語で、その名の通り企業間での合併や買収などの行為を表しています。

M&Aには株式譲渡と事業譲渡の2つの種類があり両方にメリット・デメリットが存在します。会社の規模や経営状態によって、株式譲渡と、事業譲渡を使い分けることができるのも注目されている理由の1つです。

近年、大企業同士のM&Aをニュース番組などで見ることがありますが、実はもっと規模の小さい飲食店同士でもM&A(事業譲渡)は頻繁に行われています。数店舗~数十店をまとめて譲渡するM&Aの需要は今後もより一層高まるでしょう。

では1店舗の居抜き売却と複数店舗のM&A(株式譲渡・事業譲渡)はどこが大きく違うのでしょうか?

M&A(株式譲渡・事業譲渡)の特徴

店舗はいくらぐらいあれば造れるの?イメージ 店舗はいくらぐらいあれば造れるの?イメージ

居抜きの店舗売却は店内の内装や冷蔵庫、ガスコンロ、など設備一式がが含まれます。しかし会社ごとの譲渡となるとそこで働いてくれている社員、従業員、経営で培われたノウハウなどの全てのリソースが譲渡の対象となります。

売り手の側から見てみると、売却店舗の設備を無駄にしないばかりではなく、従業員が新しい経営者のもとで働ける環境も提供できるため、再就職の斡旋などに頭を悩ませる必要がありません。 それだけでなく、食材等の仕入れ先の業者とのコネクションや、店舗をひいきにしてくれていたお客様とのつながりを断ち切ることなく、新しい経営者に託せるというのも安心材料の一つです。

では、買い手の側から見てみるとどうでしょう。 飲食店舗間でのM&Aはそのほとんどが同業種によるものですので、厨房設備をそのまま引き継げるため、営業をそのまま継続しながら次の施策を考えることができます。 また、厨房を知り尽くした従業員や仕事の進め方なども丸ごと譲り受けますので、一からお店を開店させるより大幅に作業を減らすことができます。 数年間の売上の推移や増減率も事前に確認できることで、今後の売上予測が立てやすいのも魅力の一つです。

飲食店買取りJPでは、店舗の居抜き売却だけでなく、M&A(株式譲渡・事業譲渡)のご相談も幅広く行っております。 事業全てではなく、一部の事業譲渡など、色々なご要望にもお答えできますので、まずはお気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像