飲食店買取りJPトップ

居抜き造作売買とは

  • 造作とは

    店舗内にある内装および什器・備品の総称で、具体的には壁・床・テーブル・椅子・看板・厨房機器・吸排気設備などのこと。

  • 居抜きとは

    店舗の造作(内装や厨房設備など)がそのまま残っている状態のこと。

  • 居抜き造作売買とは

    居抜き造作売買とは店舗を閉店・退店・移転・撤退する際に、店舗の造作を売却・譲渡することです。では、なぜ居抜き造作売買をすると良いのか。それは、店舗の撤退時の費用を減額できるからです。

  • 店舗の撤退時の義務について

    通常、店舗物件の賃貸借契約書には、解約時に以下の義務が記載されています。
    ○一般的に6 ヶ月前や3 ヶ月前に解約予告を通知する義務
    ○閉店・退店時にスケルトン状態(造作を撤去して、室内に何もない状態)など
    借りたときの状態に戻す現状回復義務

店舗を居抜きで売却するメリット

  • 原状回復費用を支払う必要がない

    スケルトンの状態に戻すためには、莫大な費用が発生します。

  • 造作売却による収益が得られる可能性がある

    まだ使える調理器具やこだわりの内装。高く売却できれば次の店舗の資金になります。

  • 解約予告までの期間が短縮される

    ○原価や光熱費、家賃が上昇して経営が厳しくなった。

    ○売上が上がらず、赤字で営業している。
    →すぐに売却して、新たな気持ちで再出発が可能です。

    ○病気や体調不良で、閉店しなければならなくなった。

    ○優秀な人材が退職したために店舗運営が困難になった。
    →営業していなくても、解約日までの家賃は必要です。居抜きで売却が成立すれば、空家賃を防げます。

    ○現在のお店がお客様から好評で、店舗の大きさが足りない。

    ○お店の評判も知名度も上がったので、もっと都心で勝負したい。

    ○お客様も従業員も増えて手狭になった
    →解約予告から解約日までの期間に新しい店舗が見つかった場合でも、二重に家賃がかかりません。

  • 営業を引渡し直前まで行える

    原状回復工事にかかる期間がないため、引渡し直前まで営業可能です。

そもそも居抜き造作売買って可能なの?

契約書に原状回復義務があっても、貸主様との交渉次第で回避可能です。

専門的な交渉で原状回復義務の免除と、普通の不動産業者では通常請け負わない面倒な造作譲渡契約を当社で代行いたします。居抜きはトラブルが多いので貸主及び管理会社様は敬遠しがちです。

*貸主・管理会社との関係が良くない(*家賃を滞納している等)

*貸主が管理会社任せで、管理会社が造作譲渡に協力してくれない

*貸主がすでに後継テナントを待たせており、造作譲渡を認めない

このような難しい状況でトラブルになる前に、まずは「飲食店買取りJP」にお問合せください!
解約予告を出す前のご相談がオススメです!

貸主様に対しては、次の借主を探す手間や、次の借主が見つかるまでの間がなくなることで、継続して家賃収入が得られるメリットがあります。

次の借主様に対しては、前の造作を上手に活用して、極力初期費用を抑えて開業出来るメリットがあります。

また、当社は飲食店専門の居抜き物件検索サービス「ぶけなび」を運営しておりますので、次の出店者様もすぐに見つけることが可能です。

店舗の原状回復義務と造作譲渡売買についての、専門的で面倒な交渉は、すべて当社の専門スタッフが代行いたします。

ぜひ一度、「飲食店買取りJP」にご相談ください。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナー様、
大家様もお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像