ワインセラーありの飲食店・店舗の閉店時の高額売却・買取りのヒケツを居抜き物件専門 飲食店買取りJPがお教えいたします。

お電話での買取り相談はこちら メールでの買取り相談はこちら

飲食店買取実績 1,258件  居抜き店舗買取希望者数 29,223

HOME > 飲食店売却のノウハウ > 飲食店舗高額売却のヒケツ > 設備別の飲食店舗高額売却のヒケツ一覧 > ワインセラーあり居抜き店舗物件を高額売却するヒケツ

ワインセラーの居抜き

ワインセラーあり
の居抜き店舗物件を高額売却するヒケツ

ワインセラーの居抜き

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが造った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

ワインセラーの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
ワインセラーの店舗物件を売却したいと考えている方へ、ワインセラーの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

ワインセラーの居抜き店舗の特徴

最近、内装・備品・厨房器具などを残したままの状態で飲食店を閉店し、次の買主に売却する「居抜き(造作譲渡)」という方法が注目を集めています。
それは、通常の方法で閉店する場合と居抜きの状態で閉店する場合とでは、短期間且つ低コストでお店を閉めることができたり、内装・備品・厨房器具もそのまま買い取って再利用してもらうこともできるので、世間の関心が高い「環境問題」にも配慮することにつながったりと、居抜きで店舗を売却したほうが、何かと得られるメリットが多いからです。

そんな閉店予定の飲食店店舗に、「ワインセラー」を設置しているお店の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ワインというのは、多くの日本人に愛されているお酒なのですが、温度・湿度・光・音・振動など、保管する環境によって味が大きく左右される、とても品質管理の難しいデリケートなお酒です。
特に日本は、残念ながらワインの保管には向いていない気候であるため、ワインを提供する日本の飲食店にとって、ワインの保管に特化したワインセラーの存在は、ベストな状態のワインをお客さんに楽しんでもらうためには必要不可欠なものです。

ワインセラーを残したまま、飲食店の店舗を売るからには、やはり高く売却したいですよね。
では、高く売るためにはどうしたら良いのか、ヒケツをご紹介していきたいと思います。

高く売れるワインセラーというのは、やはり見た目がキレイなものや元値が高い高品質のものになります。
一見キレイに見えても、ニオイが残っていたり、隅のほうにホコリやカビなどの汚れが溜まっていたりすると、買取価格に大きく響きます。
ワインセラーは、ワインを最適な状態で保管するだけではなく、置いてあるだけでも店内がおしゃれに見えるため、インテリア的な役割も果たすので、日頃からワインセラーのお手入れをきちんとすることが、高く買い取ってもらうための第一条件と言えます。

また、ワインセラーというのは、年々新しい製品が登場し、その機能も向上しているため、製造されてからの年数が浅いワインセラーほど買取希望者が集まりやすいので、高く買い取ってもらえる可能性があります。
ですから、少しでも早いうちに査定を受けるようにすると、高額売却にも繋がりやすいと言えます。
そして、ワインセラーは、庫内に保管できるワインボトルの本数によって様々な大きさのものがありますが、やはり小型のワインセラーよりも大型のワインセラーのほうが高く買い取ってもらえる傾向にあるようですから、大型のワインセラーをお持ちの方は、買取価格に期待できると思います。
ぜひ一度お問合せください。

ご相談・お問合せはお気軽に

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、大家さまもどうぞお気軽にお電話くださいませ。

お電話での店舗買取りのご相談はこちら

フォームからのご相談は24時間受け付けております。

メールでの店舗買取りのご相談はこちら

査定・相談無料!秘密厳守!
専門スタッフが丁寧にお答え致します。

お電話での買取り相談はこちら

「飲食店買取りJPを見た」と言うと
お取り次ぎがスムーズです

メールでの買取りの相談はこちら
  • 居抜き物件・居抜き店舗の物件情報満載!ぶけなび 株式会社あどばる

査定・相談無料!秘密厳守!
専門スタッフが丁寧にお答え致します。

お電話での買取り相談はこちら

「飲食店買取りJPを見た」と言うと
お取り次ぎがスムーズです

メールでの買取りの相談はこちら