飲食店買取りJPトップ

用賀駅

◆ 用賀駅 の居抜き人気度

Bクラス

◆ 用賀駅 の乗降客数と路線

乗降客数(1日)約 6.2 万人
路線 東急田園都市線

用賀駅 の居抜き店舗の概要

用賀駅は東急田園都市線が乗り入れていて、主に学生やビジネスマンの通勤通学に利用されている駅です。
東名高速道路東京ICや首都高速3号渋谷専用出入口でもあり、環状八号線に面していることから、早朝から深夜まで非常に交通量が多い駅です。

また、駅周辺には世田谷ビジネススクエアを筆頭に、商業・業務施設がありオフィス街としても有名です。
駒澤高等学校等の高校はありますが大学のキャンパスは立地していないことから、ランチ時の主なターゲットはビジネスマンです。
しかし、夜になると学校帰りの学生が増えてきますので、よりターゲットの幅が広がってきます。

オフィス街である用賀駅で飲食店舗を閉店し、譲渡・売却しようとお考えならできるだけ高額で引き渡したいですよね。
それには内装・厨房器具・備品をそのまま残した状態、つまり「居抜き」で売却するのが一番です。そのためのヒケツはご存知でしょうか?

オフィスエリア周辺で飲食店を開業する場合、いかに回転率をあげられるかが重要になってきます。
現在のオーナーさまが運営している店舗の席配置を思い出してみてください。
効率よく回転できるだけの席数はありますか?無駄な空間はありませんか?

またさまざまな業態に対応できる厨房機器や備品が揃っていると、高額売却できる可能性も上がります。
お手持ちの厨房器具・備品の状態はいかがでしょうか。日頃の手入れが行き届いていて、キレイな状態を保っていれば買取り希望者に好印象を与えることができます。ダクトやグリース・トラップなど、特に汚れやすい部分に関しては日々のお手入れがかなり重要になってきます。

また、床や机・椅子は綺麗ですか?お化粧室の鏡は汚れていませんか?「そんなところも見るのか!」と思うほど買取り希望者は隅々まで確認します。
好印象を残せたなら多少無茶な額でも取引できる可能性は十分にあります。
普段から備品を大切に扱うことはもちろんですが今一度、厨房器具や備品のメンテナンスをしてみることをオススメします。

用賀駅 の居抜き売却実績例

売却成功要因 地下1階ではあるものの、ダクトが屋上まで上がっているなど、設備がしっかりしていた物件でした。また、用賀駅至近の物件ということから高額売却につながりました。

場所 世田谷区用賀
駅名 用賀駅 徒歩1分
階数約 40坪程度
面積 1階
業態 レストラン  ⇒  居酒屋
売却までの期間 1ヶ月
希望売却金額 造作 300 万円
売却金額 造作 300 万円で売却

まとめ

用賀駅周辺は東口と西口では全く異なる町並みになっています、東口は先程もお伝えしているようにオフィス街としての顔。西口は商店街があり、どちらかというと住宅街としての要素が強くなります。そのため、ターゲットになる客層が異なるため、それぞれ立地にあった店舗づくりができているかが高額売却の秘訣です。
東口には、ビジネスマンが主なターゲットになることから、いかにランチ時に回転率を挙げられる内装かどうか、逆に西口になると、主婦層をターゲットにしたカフェなど、ゆっくりできる内装になっていると高額売却につながる可能性は上がります。