飲食店買取りJPトップ

早稲田駅

早稲田駅は都心の新宿区にあり、東西線が通っているので、オフィス街の大手町まで乗り換えなしで行くことが出来ます。
早稲田駅周辺には東京六大学の一つの早稲田大学の他、少し歩けば東京理科大、日本女子大、東京医大などが点在する大学生の街です。
神楽坂や雑司ヶ谷と言った昔ながらの東京を味わえる所も近隣にあります。
東西線・早稲田駅から徒歩で15分くらいの所には、都電・早稲田駅もあり、下町情緒漂うところも魅力的です。この都電・早稲田駅周辺はファミリーマンションもありますので、大学生ばかりでなく、ファミリー層も多く住んでいます。
また大学生の街にふさわしく、本屋が多いことも特徴です。
春になると桜がとてもきれいな戸山公園もありますので、都心にいながら緑も豊かな地域です。

大学生が多いので、昼間はわさわさとして賑やかですが、早稲田駅周辺にはお酒が飲める店が少なく、学生はそのような店が多い高田馬場に行くため、夜になると割と静かな住宅街に変貌します。

早稲田駅周辺は、一人暮らしの大学生をターゲットにした、リーズナブルな飲食店が多く、昔ながらの定食屋さんも根強い人気があります。
ラーメン激戦区でもあり、有名なラーメン店が数多く点在します。どの飲食店も料金が安いので、一人暮らしの方は自炊するより外食する方が安上がりだとも言われています。男性の一人暮らしが多い地域ですので、とても快適な所だといえます。

早稲田駅周辺での飲食店の売却や譲渡をお考えなら、居抜き物件での売却、譲渡をお勧めします。
通常、飲食店を撤退するには、スケルトン状態に戻すという、所謂原状回復業務が発生し、それには多額の工事費用が掛かってしまいます。
またこのような工事期間にも家賃は発生してしまうので、営業が出来ない上、家賃も掛かるので、その期間中には費用が多く必要となってしまいます。
しかし、居抜きで店舗を撤退すると、原状回復の費用が掛かりません。
一方、出店したい方にとっても、居抜きの店舗なら水周り工事の他、色んな工事が必要でなくなるので費用も安く、早く出店できるというメリットがあり、売却・譲渡したい方にも、出店したい方にもメリットがあるシステムの売買法と言えるでしょう。
もし、出店の際の契約として、原状回復が義務付けられていても、貸主の交渉などで回避することも出来ます。

飲食店の業態によって、調理器具や厨房の大きさなども様々ですが、器具が揃っていて、清潔さを保っていれば買取りは比較的早く決まることでしょう。
また、買取りが付きやすい一番人気は、1階路面店であり、間口が広く、客が入りやすい角地でありますが、その条件を満たさなくても、視認性が高い看板があれば買い手はつきやすいです。

「飲食店買取りJP」では飲食店舗の売却・譲渡について、造作譲渡契約や他の不動産契約では行わない様な面倒な手続きも代行いたします。

もし早稲田駅周辺での飲食店舗の売却・譲渡をお考えの方で、何かお困りな事や、分からない事、相談事などがございましたら、お気軽に「飲食店買取りJP」までお問い合わせください。
親身にご相談にお乗りいたします。