飲食店買取りJPトップ

浦和駅

埼玉県さいたま市浦和区に位置する浦和駅は、JRの宇都宮線・高崎線、京浜東北線、湘南新宿ラインの乗り入れる、19世紀に開業した埼玉県内でもっとも古い駅のひとつです。
近年の再開発により湘南新宿ラインが新たに停車するようになった影響で、浦和駅の利用者はますます増えています。

駅改札や構内のリニューアルと同時期に、駅東口にはパルコやシネコン、図書館などの入った複合施設が完成し、これまで閑静な住宅街であった東口エリアに活気を与えています。
駅西口方面にはコルソや伊勢丹といったデパートがあるほか、ラーメン屋や居酒屋なども立ち並ぶ飲食店商業密集地になっています。
駅前の大通りはそのまま埼玉県庁やさいたま市役所のある官庁街へとつづき、少し外れていったところに高級住宅街が広がっています。
そもそも浦和は、江戸時代から中山道浦和宿として栄えてきたまちのため「浦和」という名前の持つブランド性は高く、県内でも高所得者層の多い地域であるといわれています。

このような浦和駅周辺で飲食店を閉店し、売却しようとする場合、より良い値段で売却するには浦和のイメージに合った店舗であることが重要でしょう。
官庁街や高級住宅街というエリアでは、清潔感があり落ち着いた雰囲気の飲食店がもとめられます。
どんな飲食店の居抜き物件でも、買い手が重視するのは厨房機器や内装設備の状態ですが、こうした本物志向の客をターゲットにしようとする場合にはその傾向がより強くなるはずです。
そのため機器や設備のメンテナンスには、日ごろから気を使っておくべきでしょう。

また、厨房機器は現在の業態にかかわらずどんな業態にも転用できるような、しっかりしたものであるほうが好まれます。
内装も、買い手のイメージに合わせて効率のよい客席配置にできるかどうかは重要になります。

そのほか高額売却につながる基本的なポイントは、店舗が1階で通りに面した物件であるか、間口が広く取られており客が入りやすい店舗であるか、そして周囲から見やすい看板があるかどうかになります。
最終的に買い手が重視するのは、開業時にかかるコストをいかに削減できるかということですから、機器のメンテナンスなどを怠らないようにすることは大切です。
手放す際のひと手間で、高額売却へつながる可能性があることをぜひ覚えていてください。