飲食店買取りJPトップ

豊洲駅

豊洲駅は、東京地下鉄有楽町線とゆりかもめの二つの路線が乗り入れている駅です。特にゆりかもめについては、現在は豊洲と新橋をつなぐラインのみでの運行となっていますので、豊洲駅はゆりかもめの始発駅であり、終着駅になっています。

豊洲駅周辺のエリアは、古くは東京オリンピックの際に東京湾を埋め立ててできた土地で、近年は再開発が進行しており、大型商業施設である「ららぽーと豊洲」や「スーパービバホーム豊洲」などの施設に加えて、駅周辺に高層タワーマンションが次々と建設されている、今話題になっているスポットのひとつです。

また、豊洲駅から西南方向にある新豊洲駅や市場前駅の周辺には築地市場が移転する工事が進んでおり、数年後にはさらににぎやかになることが予想されています。また、有明テニスの森周辺のエリアは2020年の東京オリンピックの会場のひとつでもありますので、ますます開発が進行するエリアとして注目を集めています。

このように、数々の話題に事欠かない豊洲エリアには、昔ながらの商店街と新しい飲食店などが混在しているという面白い特徴があります。駅の東南エリアにある豊洲4丁目のエリアは昔からの住宅や商店街の残るエリアで、カジュアルな定食屋や居酒屋など、気取らないタイプの飲食店が集まっています。

また、豊洲運河を渡った枝川1丁目のエリアには、数多くの焼き肉屋や韓国料理店が集まっており、リトル・コリアの様相を呈しています。一方、駅の西北エリアにはららぽーと豊洲などをはじめとして新しい商業施設や飲食店が次々と完成している、勢いのあるエリアとなっています。

今後もタワーマンションの建設計画が予定されており、さらに多くの商業施設の計画があるエリアですので、豊洲で飲食店を開業したいと考えているひとは当然少なくありません。そのため、豊洲エリアで居抜き状態の飲食店舗を売却するのは比較的スムーズに行なうことができると考えていいでしょう。

より良い条件で買取りをしてもらうためには、開発の中心エリアとなっている豊洲駅の西側〜北側エリアに店舗があることが大きな強みとなりますし、このあたりはまだそれほど雑然としてはいませんので、店舗の視認性も比較的高く立地の要素だけでより良い交渉を行なうことができる可能性が高いと言えます。

もちろん、店舗内にある厨房設備や什器などの状態が良いのであれば、買取り金額をよりアップすることができますので、日頃からのメンテナンスを怠らないようにしましょう。