飲食店買取りJPトップ

高尾駅

●高尾駅ってどういう所?●

高尾駅は、東京都八王子市のほぼ中心にあり多摩西部として位置づけられています。高尾駅には、中央本線が乗り入れています。中央本線が、「東京駅」、長野県「松本駅」から接続しています。また、歩いて数分の所には京王線が乗り入れています。京王線には、都営新宿線を経由して千葉県の「本八幡駅」より乗り入れています。両線共に都心部を貫通して横に一直線に乗り入れているのでアクセス力は悪くないです。一日平均の乗降客数も約9万人(両線合計値)と少々多めです。
レジャーシーズンになりますと観光客で賑わいを見せる場所です。そのため、シーズンごとの乗降人員に波があるでしょう。

●高尾の周辺●

高尾の東部側には住宅地、西部側には高尾山や陣馬山、鷹取山などのレジャースポットを含んだ山々が連なっています。高尾山は2007年4月にミシュランで三つ星を獲得した外国人からも定評のある観光スポットです。高尾より奥に入ると、神奈川県や山梨県の観光名所も位置しています。

●飲食店舗の譲渡・売却をお考えの方へ●

飲食店舗の譲渡・売却をお考えでしょうか?形式によって取り引き時の価格にも変動があります。どのようにすると高額になりやすいかを確認していきましょう。

1、物件・店舗の取り引き時の状態
物件を明け渡す際に「スケルトン物件」、「居抜き物件」の2つの形式があります。
「スケルトン物件」は文字通り中身を空にして明け渡す形式です。「居抜き物件」は使用していた什器や造作物、厨房機器、調理器具などを残したままの状態で明け渡す形式です。
「スケルトン物件」だと、中身を空にするための大がかりな工事が必要となりますので莫大なコストがかかります。一方、「居抜き物件」だと、そうした工事が必要なくなるため、手間も時間もかからず大幅なコストカットが出来ます。また、その期間中の営業も可能なので営業利益を得る事が可能です。そのため、飲食店の譲渡・売却の際には「居抜き物件」の形式をお勧めします。

2、視認性・広告力について
買い手にとって好条件と言えるのは「角地」、「一階店舗」、「道路沿い」などとなっています。どれも共通して言えるのは、「視認性がよい」ということです。空中階や地下階などの店舗でも、視認性のある看板や広告スペースがあれば同じように好条件だといえます。視認性のある看板・広告スペースがありましたらセールスポイントとして推しましょう。

3、清潔感について
居抜き物件で飲食店を出店したいと考えている買い手の方は、立地はもちろんですが、清潔感のある飲食店舗かどうかを重要視しています。ですので、綺麗に手入れされた店舗は買い手の注目度も自ずと上がり、高額売却に繋がるケースが多くなっています。現在の店舗の清潔感はいかがでしょうか?譲渡売却をお考えの際は普段なかなか手をつけない細部まで見て確認してみると良いでしょう。そこに高額になる答えが眠っているかもしれません。

以上のような点を踏まえて、是非高額売却・譲渡を目指しましょう。
「飲食店買取りJP」では極秘に話を進める事が可能です。
お悩みの際はお気軽にお問い合わせください。