飲食店買取りJPトップ

新高円寺駅

新高円寺駅は東京メトロ丸ノ内線の駅のひとつで、2011年の統計データによると1日の乗降客数は32,336人となっています。青梅街道(都道4号線)沿いに立地しており、東側には環七通りが走り、駅からしばらく北上するとJR高円寺駅に至ります。また、五日市街道(都道7号線)の起点の交差点のすぐ近くでもあります。杉並区におけるベッドタウンのひとつとして機能しており、比較的落ち着いたエリアとなっています。

新高円寺駅の周辺の青梅街道沿いやJR高円寺駅に向かう道沿いには数々の飲食店が軒を連ねており、地元の住民に利用されるカジュアルなお店がより多く集まっています。ジャンルも居酒屋や定食屋、焼き肉やステーキ店、中華料理、ラーメン屋、ビストロ、ワインバーなど数多く、さまざまな楽しみ方をすることのできる環境になっていると言ってもいいでしょう。

新高円寺駅エリアで居抜き物件を売却するにあたっては、まず青梅街道沿いかあるいはJR高円寺駅に向かう道沿いに店舗が立地しているのであれば交渉を有利に持っていくことができます。これらのエリアは多くの飲食店が集まっているエリアですので、空き物件のニーズがより高くなっており、売り手市場と言うことができるでしょう。

もちろんそれ以外のエリアだからといって店舗を売却することが難しいということではありません。分かりやすい看板が出ているとか、道を歩いているひとからの視認性の高い要素があるといったポイントがあれば、多少奥まったエリアに立地でもなんとか集客に結びつけることはできます。

また、店舗の内装が魅力的であるということも強みのひとつとしてカウントすることができます。このエリアにはデザイナーや作家、アニメーターなどのクリエイティブな仕事をしているひとが比較的多く住んでいますので、飲食店についても若干ユニークで個性的な要素があることが集客につながる要素になり得ます。オーナー手作りの内装をアピールしている飲食店も少なくないエリアなのです。

厨房設備にこだわっているというのはさらに強いアピールポイントになります。同じガステーブルであっても最新モデルが導入されているといったことや、一般的な厨房にはなかなか導入されていない大容量のミキサーやブレンダーが設置されているといったことは、オペレーションにおける効率化に直結する要素ですので、買取り交渉をより有利に進行させることが可能になります。