飲食店買取りJPトップ

品川駅

◆ 品川駅 の居抜き人気度

Sクラス

◆ 品川駅 の乗降客数と路線

乗降客数(1日)約 90万人
路線 JR東日本在来線各線(東海道線、京浜東北線、山手線、横須賀線など)、JR東海の東海道新幹線、京浜急行電鉄本線など

品川駅 の居抜き店舗の概要

品川駅は東京都港区に位置するターミナルステーションで、JRの他、新幹線や京浜急行線も乗り入れています。
主に大型のビジネスビルやホテルが立ち並ぶ港南口と、プリンスホテルやショッピングモール、映画館などが揃う高輪口とに別れており、異なる個性を見せる街でもあります。

まずビジネスエリアの港南口ですが、ここ十数年で再開発が進み、大型のビルが立て続けにオープンしました。低層フロアには飲食店などが入り、上層階は大企業のオフィスになっています。
また、上層階は高級ホテルになっているビルもあり、外国人観光客や、新幹線や飛行機で出張するビジネスマンが利用することが多いようです。

反面、高輪口はエンターテイメントが集まるエリアとして、常に賑いを見せています。
プリンスホテルが経営するショッピングモールにはアパレルショップの他、小規模な居酒屋やレストラン等の飲食店がテナントとして入っており、平日昼間はランチで、夜や土日は家族連れやカップルで賑わっています。

品川の飲食店は大型ビルにテナントとして入っている事が多いためか、なかなか閉店店舗の居抜き売却物件が出にくいエリアでもあります。
しかし、東京のもう一つの玄関口として発展を続ける品川駅で店舗を持とうとするオーナーは依然として多く、閉店物件の人気は常に一定を保っています。

品川エリアで居抜き物件をより良い条件で売却する際には、その店舗がどんな業態に対応できるかがひとつの鍵になります。
比較的多様な店が多い品川エリアですが、特に人気なのはカジュアルなイタリアンレストランや居酒屋系。
居酒屋はビジネスマンの商談に使われることも多いので、個室を備えた物件が特に喜ばれます。

また、ビジネスマンが新幹線の時間までに利用することなどから、軽く一息つくためのカフェも人気です。
カフェの経営に対応できる設備を持つ店舗を閉店する際には、特にアピールすると良いでしょう。

売却時にチェックされるのが、やはり賃料の問題です。
相場より少し安めの賃料で借りていた店舗なら、その点を大々的に宣伝すると買い手がつきやすくなります。

また、ビジネスマンが多いスタイリッシュな街なので、飲食店につきものの煙や匂いがでにくい高性能なダクトを備えていると、高く売れることがあります。
最近ではテナントの屋上までダクトを引き、そこから排気するタイプの物も多いので、売りに出す前に一度確かめて、汚れがひどければ掃除しておきましょう。

品川駅 の居抜き売却実績例

売却成功要因 品川駅高輪口から徒歩3分。1本入った通りではあるものの、めったに情報が出回らない品川駅付近1階店舗。募集からわずか2週間で申込が殺到して造作も満額にて売却成功!!

場所 港区高輪
駅名 品川駅 徒歩3分
階数約 15坪程度
面積 1階
業態 非公開  ⇒  非公開
売却までの期間 1ヶ月
希望売却金額 造作300万円
売却金額 造作300万円で売却