飲食店買取りJPトップ

西新宿駅

◆ 西新宿駅 の居抜き人気度

Bクラス

◆ 西新宿駅 の乗降客数と路線

乗降客数(1日)約 7 万人
路線 東京メトロ丸ノ内線

西新宿駅 の居抜き店舗の概要

西新宿駅は東京メトロ丸ノ内線の駅のひとつで、2013年の統計データによると1日あたりの乗降客数は71,727人となっています。駅のすぐ南側には東京医科大学病院が隣接しており、東京都庁や新宿住友ビル、新宿中央公園など、さまざまな施設が集まっています。東にしばらく歩くと新宿駅へのアクセスもできるため、平日や休日に関係なく数多くのひと人たちで賑わっているエリアの一つであり、サラリーマンや観光客が行き交うエネルギッシュなスポットになっています。

そのため、飲食店については駅の南北に広がっていますが、傾向としては新宿駅に近づくにつれてさらに多くなるといった、分布状況になっています。大企業のオフィスや医大病院、都庁などがそろっていることもあり、手早く食事を済ませることのできる、ファストフードやチェーンの牛丼屋や天丼屋、カフェなどのカジュアルなタイプの店舗から、接待やデートなどで利用できるシックなレストラン、高級割烹や小料理屋など、TPOに応じて使い分けのできるほどさまざまな飲食店舗が集まっています。


より良い条件で売却したいと思うなら、まず店舗の看板や案内サインなどの視認性を確保するツールが充実していることが大切です。このエリアでは基本的に複合ビルなどへの入居が前提となることが多いため、数ある飲食店舗のなかから道行くひとに効率的に見つけてもらえるかどうかが大きなポイントとなります。 

また、厨房を含めてコンパクトな造りになっているのが平均的なエリアでもありますので、店舗内の動線がどのように確保されているのかも、評価の対象となります。狭いながらも考えられたレイアウトであれば、店舗の回転率を上げることにもつながりますので、ひいてはお客様により良いサービスを提供することも可能になります。

そして改めてここで指摘するまでもないことではありますが、居抜き物件として売却する対象となっている各種厨房設備や器具、什器などが適切なクオリティに保たれていることも前提としていなければなりません。居抜き物件の売却は売り手側にとってのメリットがあるだけでなく、買取り手サイドにおいても同様にメリットのあるものでなければフェアとは言えません。

西新宿駅 の居抜き売却実績例

売却成功要因 めったに出ない西新宿エリアの物件。前業態はカウンターメインの居酒屋だったため、カウンター必須のバー業態が入りました。物件の希少性と理想どおりの内装だったため高額売却に結びつきました。

場所 新宿区西新宿
駅名 三軒茶屋駅 徒歩5分
階数約 15坪程度
面積 2階
業態 居酒屋  ⇒  バー
売却までの期間 2ヶ月
希望売却金額 造作 250 万円
売却金額 造作 250 万円で売却

まとめ

新宿エリアは東京だけでなく日本を代表する繁華街でもありますので、飲食店業界においても誰もが一度は開業したいと希望している地域でもあります。そのため、居抜き店舗の売却となった場合でも買い手に困ることはまずありません。