飲食店買取りJPトップ

茗荷谷駅

茗荷谷駅は東京メトロ丸ノ内線の駅の一つで、2011年の統計によると1日あたりの乗降客数は66,404人となっています。茗荷谷駅周辺にはさまざまな教育機関が集まっていることで知られており、筑波大学東京キャンパス文京校舎やお茶の水女子大学文教育学部、拓殖大学やお茶の水女子大附属高校、筑波大附属高校と東京音楽大学附属高校という有名大学や高校が集まっています。また駅の東側には東京大学大学院理学系研究科附属植物園や東洋大学、京華女子高校や東京学芸大学附属竹早中学校などもあります。

このように、数多くの教育機関が集中していることで多くの学生が行き交うエリアでもありますので、茗荷谷駅の周辺には学生向けのカジュアルなレストランや定食屋、焼き肉屋、カフェやケーキショップなどさまざまな業態の飲食店舗が集まっています。特に駅の北側の春日通りの周辺に沿うように広がっており、駅から歩いて行ける範囲にはバラエティ豊かな飲食店が集まっています。

茗荷谷駅周辺のエリアの飲食店はフランチャイズやチェーンの店舗もありますが、個人経営の飲食店も少なくありません。個人経営の店舗においては歴史のある老舗店舗も含まれており、文京区ならではの落ち着いた飲食店も数多く見られます。

学生街という一面がありますので、毎年多くの新入生を迎え入れることで常にマーケットが活性化しているエリアと考えることができるため、空き店舗ができた場合でもすぐ新しい店舗が入居するのが一般的です。そのため、このエリアで店舗を売却するとなった際でも、比較的スムーズに売却先を見つけることができるでしょう。

より良い条件で売却を行なうためには、やはり居抜き状態での交渉をすることをおすすめします。スケルトン店舗の良さは、オーナーの思う通りの設計をもとにして各種の厨房設備を導入したり、内装のイメージ作りを行なったりすることにありますが、その実現にあたってはまとまった時間と資金がなくてはなりません。

一方、居抜き状態の店舗を買取りする場合であれば、内装のイメージ作りについては限定的なものになってしまうデメリットはありますが、開業までに必要な時間と費用は大幅に抑えることが可能です。それらを天秤にかけた際、現実的には一円でも安く初期費用を抑え、一日でも早く開業することが大命題となりますので、必然的に居抜き店舗での取引を行なうことが買い手にとってもメリットのある選択ということになります。